日本を代表する世界遺産「日光の社寺の中でももっとも有名なのが「日光東照宮」。
徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたもの。
境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、豪華絢爛な美しさは圧巻。
「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻や、「眠り猫」の彫刻は知らない人はいないほど有名で、これらは信仰形態や学問・思想があらわされている。

関連ブログ記事