対策万全!アラサー男がお見合いパーティーで成功するまでの道のり

一言でお見合いパーティーと言っても、その目的は人それぞれです。

・恋人が欲しい
・まずは気軽に食事などにいける友達を作りたい
・結婚相手を見つけたい

など様々です。例えば結婚相手を探している人に対して、「友達になりたい」と考えている人がどんなに話しても上手くいくのは難しいでしょう。そういった相違がないように【友達から始まる恋】・【今すぐ結婚相手を見つけたい】など、テーマ別のお見合いパーティーに参加することをオススメします。

動員数10万人突破!ミクシィグループ主催の婚活パーティー

量より質か、質より量か

多くの異性と出会って自分好みの人を探したいという人は【街コン】・【イベント型パーティー】がオススメです!とにかく参加人数が多いので、自分好みの相手に出会える可能性が高いでしょう。気になる相手がいたら積極的に会話をして連絡先を交換しましょう。

結婚相手を見つけたいという人は【お見合いパーティー】・【婚活パーティー】・【小規模パーティー】がオススメです。小規模パーティーは料理やスポーツなどテーマを限定した少人数でのパーティーですが、普段の相手の姿が見れるでけでなく協調性が必要なので具体的な結婚のイメージを持ちながら相手と話ができます。お見合いパーティーは文字通りお見合いです。男性と女性がお互いに自己紹介をしながら進行していきます。街コンとは違い、参加者全員と会話ができるので1対1でじっくり話したいことが話せます。

以前参加したお見合いパーティーの反省点と対策

以前にも一度お見合いパーティーに参加しましたが、初めてということもありカップリングすることも連絡先の交換もできませんでした。寂しく一人で家に帰り反省点をまとめてみました。

・自己紹介で上手くアピールすることができなかった。
・相手の情報をメモしていなかったので、会話の内容をあまり覚えていなかった。
・共通の話題を見つけることができず、質問ばかりになってしまった。
・室内でもセーターを着ていたため汗が出てしまった。

もっと色々あるとは思いましたが、とりあえず以上の4つを反省点としました。

当日参加OKの婚活パーティー | youbride party(ユーブライドパーティー)

まず、自己紹介の対策としてはひたすら練習あるのみ!下記が私が次回に備えてまとめた対策です。

1.年齢や出身、職業などはプロフィールカードに記載ができるので、プロフィールカードに記載のない自己PRを持っていると良い。

2.最近起きたことや行った場所などをあらかじめネタとして持っておくと、会話が止まってしまった時などにも使える。

3.メモの活用法としては、話した内容などを書いている余裕はないので簡潔に一言で相手の印象をメモすること。印象もメモする余裕がなければ相手には失礼ですが点数を付けます。見返したときに点数を見れば自分が気に入った相手が一目で分かるので効率的です。

4.共通の話題を引き出すのに必要なのがプロフィールカードです。基本的な情報が書いてあるだけなので、自分との共通点があればそこの話題を攻めてもいいでしょう。共通点があると話しやすい空気にもなり、自然と会話が繋がると思います。

5.質問された場合に答えだけにはならないこと。最後に質問を付けることで自然と会話は続きます。共通の話題を見つけるためには常に話をしていることが必要不可欠でしょう。

6.服装は男性の場合、スーツやジャケットでなくても清潔感のある恰好ならカジュアルでも大丈夫だと思いますが、近所のコンビニに行くようなラフなものや清潔感のない恰好は絶対にNGです!

リベンジ!反省を生かした2回目のお見合いパーティー!

いよいよお見合いパーティーの勉強の成果を試す時が来ました!今回のパーティーは20代後半~30代の男女向けのパーティです。参加人数は男女15名ずつの30名。実際の年齢層は30歳前後の人が多い印象でした。まずは受付を済ましプロフィールカードを記入します。もちろん上着は脱ぎ、シャツにチノパンで席に着きます。プロフィールカードの項目は変わらないのでスムーズに記入を終わらせ待機していると、自分の好きなドラマの挿入歌が流れてきました。今日は自分にとって良い流れが来ているかも!と思っていると目の前に座っている女性(A子さん)から「この曲なんのドラマでしたっけ?」と急に質問が!不意で驚きましたが、「○○ですよ」と答えるとそのまま開始までドラマの話で盛り上がりました。そして開始時刻になり改めてA子さんとプロフィールカードを交換して自己紹介のスタートです。開始早々、A子さんから「私バツイチで子供もいます。」と想定外の発言で少し動揺しましたが、ドラマの話題で盛り上がることができ自然な会話を楽しみました。あっという間にA子さんとの自己紹介タイムは終了し移動の時間です。移動している間にメモにA子さんの点数を記入しB子さんの席へ。

B子さんは31歳の保母さんでした。プロフィールカードを交換して共通の項目を探します。出身が同郷だったのでスタートは出身地の話から攻めます。出身地の話をしながらもプロフィールカードを見ていると料理が得意と記入があったので、「ご当地の料理とかは作れますか?」と出身地から特技までのコンボで相手に質問攻めで会話が止まることなく自然な流れで会話することができました。この流れでその後の女性も話題に困ることなく楽しく会話を進めていけました。そんな感じで対策を存分に生かし、自己紹介タイムが終了しました。

ここで中間印象のアンケートを記入し、約5分で集計結果が渡されます。このアンケートでは自分が気になっている人の番号を投票し、その人がどのくらいの人数から投票されているのか(=ライバル人数)や、自分のことを投票してくれている人は何番の方なのかを確認することができます。一人6名まで投票が可能なので出来るだけたくさんの方を記入します。前回参加した際は3名から投票してもらいましたが、今回はなんと、10名の女性から投票を頂きました!!

そして中間発表が終わると次はフリータイムです。メモを確認して好印象の人から話しかけに行きました。しかし他の男性陣も考えていることは同じです。話したい女性の席に一目散です。自分は動かずに一番最初の席、つまりA子さんの席に戻りました。A子さんも何度かお見合いパーティーに参加してそうなので、私の中間発表の結果を聞いて驚いていました(普通、中間結果をその場で伝えている人はいないのかもしれません・・・)。こうなるとA子さんの中間発表も気になります。A子さんの中間発表の結果を見てみると12名の男性から投票されていました。そのうち1人は自分です。1回目のフリータイムが終わり、2回目のフリータイムで席に立つとすぐにA子さんの席には次の男性が座りました。同じ席に連続で座ることはルール上NGなので、私もこのときは移動する必要がありました。

メモを確認し、同年代だったC子さんの席へ座りました。同年代で同郷、職場も近かったので自然に会話を楽しめました。フリータイムが終わり、いよいよ最後の集計が始まります。男性は3名までの女性に連絡先を、女性は1名の男性に連絡先を渡すことができます。自分は激戦区のA子さんと同年代のC子さんの2名宛に連絡先を書いてスタッフに渡しました。女性と男性がお互い連絡先を書いた場合がカップル成立となります。その場で発表ではなく、男性陣が先に退室したあとにそれぞれに封筒が配られます。カップル成立の場合は中に紙が入っているので、入っていた男性のみ入口で相手を待ちます。そして封筒の中を確認してみると中には・・・!

見事A子さんとカップル成立しました!その他にも3名の連絡先が入ってましたが、C子さんの連絡先は入っていませんでした。とにかくA子さんとカップルになれたので、入口で待っているとA子さんが出てきました。その日の夜は予定が入っていたので改めて後日食事に行く約束をして解散しました。帰宅している途中で一通の連絡が・・・なんとC子さんからでした!自分の連絡先を渡してはいましたが、向こうから連絡は来ないと思っていたのでとても嬉しかったです。後日、A子さんはもちろん、C子さんとも何度か食事に行き、A子さんとお付き合いすることになりました!!

まとめ

今回、一回目の反省点をまとめてリベンジしたお見合いパーティーで無事にカップル成立となりました。A子さんのお子さんも一緒に連れて動物園や旅行にも行きました。初回の失敗がなければ出会うことはなかったかもしれない、お見合いパーティーに行こうと考えなければ出会っていなかった、そんなことを考えているとキリがありません。淡々と会話が出来ていたとしても、お互いが楽しもう、楽しませようとする気がなければ楽しい空気は生まれません。少しの勇気と相手と一緒に楽しもうとする気持ちがあればうまくいくのでしょう。行かないで後悔するよりも思い切って行ってみて、逃している幸せを探しに行きませんか?

当日参加OKの婚活パーティー | youbride party(ユーブライドパーティー)

関連・おすすめイベント