[体験・感想レポート]20代・40代の男2人で初参加!婚活パーティー

婚活パーティーとは「職場に異性が少ない」・「最近出会いがない」など悩みを持つ方のために、数人~数十人の複数人数での交流会のことです。ゲームやスポーツ、料理などの催し物と組み合わせたパーティーや読書や音楽など共通の趣味を持っている方向けのパーティー、完全着席で一人一人と会話をしたりと様々なジャンルがあります。初対面の人と会話するのが苦手な方でも、ゲームやスポーツなど同じ目的のために行動することで親近感を持ち、会話も弾ませることができるでしょう。

完全着席型パーティーについて

完全着席型のパーティーとは、基本的に1対1で席に座って会話をするタイプのパーティーのことです。まず最初に、自分のプロフィールカードに年齢や職業や趣味などを記入します。そのプロフィールカードは、相手のものと交換して自己紹介する時に使います。自己紹介タイムは一組あたり数分間の会話をして、ローテーションで隣の席に移動して行きます。進行のスタッフの指示によって、参加した異性全員と順番に会話することができます。

参加者全員との自己紹介タイムが終わるとフリータイムです。ここでは自分が気になる相手と会話するチャンスです!そしてフリータイム後に気になる異性の番号を記入し、結果発表があります。そこでお互いに相手の番号を書いていればカップル成立になるのです。

1人参加でも友人と参加でも、どちらでもOK

1人参加限定だけでなく、友人などと複数人で参加可能なパーティーもあります。1人で行くのはちょっと緊張してしまうという人は友人・知人と一緒に気軽に参加するのがおすすめです。年齢層は、幅広いものから20代30代など年代別で行っている会もあり様々です。同年代や自分の好みに合わせた会を選ぶことで、共通の話題などで盛り上がれるでしょう。

いよいよ本番当日!いざ婚活パーティーへ

今回、私が初めて参加した時の体験談をお話しします。会社の先輩に誘われて婚活パーティーに行くことになりました。男2人で初参加です!私と先輩の両方が参加可能な“27歳~40歳まで”の完全着席パーティーを選びました。

まず悩んだのが当日の服装です。特にドレスコードなどはありませんが、サイトに「清潔感のあるカジュアルな服装がベター」と記載があったので、シャツにジャケットという格好で行きました。実際、参加男性のほとんどの方がジャケットスタイルだったので安心しました。開始時間より少し早めに到着しましたが、もう数人ほど集まっていて今まで経験したことのない空間に既に緊張はピークに達しています・・・。

受付を済ませてプロフィールカードと番号と相手の印象をメモするメモ帳を渡してもらい、自分の番号の席でプロフィールカードの記入をします。名前や生年月日、出身地や家族構成など多くの記入欄があり、趣味や特技などを考えているうちにパーティー開始予定時刻になってしまいました。気付けば男女40名ほど集まっていて、いよいよ婚活パーティのスタートです!1人2分間でプロフィールカードを交換し、目を通しながら質問などをしていきます。

まず最初の人はA子さん32歳。
何を質問しようかと考えているとA子さんから「すごい緊張されてますね、私も初めてなんですけど何話せばいいかわからないですね」と話しかけてもらい、少し緊張が収まり話ができると思ったとき、進行の方から「残り30秒です」のアナウンス!まだ質問もできていないのに気付けば1分30秒も時間が経っていました・・・。30秒では質問もできず2分が経ってしまい、「男性の方は隣の席にご移動ください」とA子さんとの自己紹介タイムは終了してしまいました。

しかし、反省をしている暇すらありません!すぐに次のB子さん30歳との自己紹介タイムが始まりました。先程の反省を生かし質問しようと思い、プロフィールカードに目を通し、趣味に料理と記入されていたので「得意料理は何ですか?」と人生初めての婚活パーティーで質問をしました。その後は仕事の話や休みの日などの話ができましたが、相変わらず2分はあっという間です。相手の印象をメモする時間などなくすぐに隣の席へ移動です。

その日は寒かったのでジャケットの下にセーターを着て参加しましたが、休む間もなく移動して自己紹介を繰り返していると軽くランニングしたくらいの汗が出てきてしまい額から汗が滴ります。それを拭く余裕もなく気付けば全員との自己紹介が終わり最初に着席した席に戻ってきました。そこで初めて落ち着くことができましたが、すぐに「これから中間の集計を行います。」というアナウンスとともにアンケート用紙を渡され、気になる異性の番号を記載して提出する中間報告のようなことがありました。正直、メモもできず緊張で会話もあまりできなかったので、最初に話したA子さんを書いて提出しました。

3分ほどすると集計結果が印刷された紙を渡されました。自分が気に入った人とカップリングになる確率が記載されていて、また自分のことを記入してくれた方の番号が記載されていました。あまりうまく話はできませんでしたが、3人の方の番号が記載されていました。そこにはA子さんの番号もあり、カップリングできる自信が少し湧きました!一緒に参加した先輩の結果を見ると7人の番号が記載されていて、「男性の中で1番人気です」とも書かれていました。2人で紙を見ながら話をしていると、「これからフリータイムを行います。男性は話したい女性の方の席に座ってください。合計3回行います。」と進行のスタッフからの声が掛かり、席を立つと男性たちがまるでイス取りゲームのように女性の席に向かって歩いていきました。

1対1での対応になるので早い者勝ちです!唖然としていると空いている席はほとんどなく、A子さんの席も埋まっていたのでたまたま空いていたC子さんの席に着席します。最初の自己紹介でどんな会話をしたかは覚えていなかったので改めてプロフィールカードを見ながら会話をしましたが・・・正直A子さんが気になっていたので上辺だけの会話になってしまいました。次はA子さんの席を取るぞ!と思い2回目のフリータイムの移動が始まりました。しかしA子さんの席はすぐに他の男性に座られてしまい、どこに座ろうかと悩んでいるとまたC子さんの席しか空いていませんでした。「また一緒ですね」と少しC子さんに気を使わせてしまったので申し訳ない気持ちになりました・・・。

ラストのフリータイムこそA子さんの席を取るためフライング気味に席へ向かいましたが、まさかの隣に座っていた男性が横にスライド。最短ルートにはフライングしても敵いません。さすがに3回C子さんは逃れようと思いB子さんの席に着席しました。話をしていると実はA子さんとB子さんは友人同士でした。B子さんが婚活パーティーに行きたいとA子さんを誘って一緒に来たそうで、職場が一緒などB子さんからA子さんの情報を聞き出すことができました。

そしてフリータイムが終わり最後の集計が始まりました。男性は自分の連絡先を3名までの方に渡すことができ、女性は1名の方に連絡先を渡すことができ、お互い連絡先を交換する場合はカップリングの成立です。少し個人情報が心配だったのでA子さんだけに連絡先を記入し、スタッフの方に渡しました。集計が終わるとスタッフの方から封筒を渡され、カップル成立の方には紙が入っているということでしたが・・・中を見てみるとカップルの紙は入ってませんでした。先輩の封筒を見てみると一目でわかるようなカップル成立の紙が入っていました。羨ましい限りです。残念ながらA子さんとは連絡先の交換はできず、初めての婚活パーティーは苦い経験となりました。

まとめ

初めての婚活パーティーに参加をしてみた結果、最初は“固い”イメージでしたが、気軽に出会いを求めてきている方が多く、今すぐ結婚したいという方はほとんどいませんでした。スタッフがしっかり見ているのでトラブルもなくスムーズに進行され、初めての方でも安心です。

ただ、男性は席移動が多いので厚着をしていると汗が出てしまうので注意しましょう。また自己紹介は必須なので、短い時間でいかに自分のことを説明できるかが大事です。周りは仲間ではなくライバルです。気になる異性がいたら後悔しないよう積極的に行動してください。

私の初めての婚活パーティーは残念な結果となってしまいましたが、なかなか日常では味わえない空間と様々な女性の方とも会話ができ、とても楽しかったです。次は結果を残すためにリベンジしたいです。どれほど参考になるかは分かりませんが、この記事を読んで少しでも気になった方、参加してみたいと思った方、ぜひ思い切って参加してみてください!そして私の代わりに婚活パーティーで結果を残してきてください。

関連・おすすめイベント