京都府の美術館・博物館

京都府の美術館・博物館

京都府の美術館・博物館を42件掲載。京都府の美術館・博物館のクチコミ、写真、地図などお出かけに役立つ情報が満載です。
  • 野村美術館
    京都府京都市左京区南禅寺下河原町61
    ブログでのクチコミ:31件

      【前期】3月8日(土)~3月30日(日)【後期】4月1日(火)~4月20日(日) ※前期・後期で幾つかの陳列替があります。 野村美術館では2014年春季特別展(前半)として、「あめんぼコレクション」による19世紀京都の芸術と文学を代表する歌人、大田垣蓮月尼(1791~1875)の作品展が行われます。 彼女が作った全ての陶磁器には、自身の和歌が独特の書…

  • 京都市美術館
    京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
    ブログでのクチコミ:18件

    異色の画風を作り上げた若冲の世界を見る展覧会 江戸時代中期に活躍した伊藤若冲は、京都錦小路の青物問屋の長男として生まれ、今年は生誕300年を迎えます。生誕300年を記念し、写生的、装飾的な花鳥画と斬新なタッチの水墨画によって異色の画風を作り上げた若冲の世界を展覧します。 記念講演会 若冲にとって京都とは何か(1) 日時:2016年10月8日(土)…

  • 龍谷ミュージアム
    京都府京都市下京区西中筋通正面下る丸屋町117
    ブログでのクチコミ:11件

    本日ワタクシ、京都の龍谷ミュージアムに来ています。名前のとおりここは龍谷大学の関連施設で、龍谷大学は西本願寺の学寮が元になってます。春季特別展として「水 神秘のかたち」と題する展覧会が開かれてます。水にまつわる、仏や神の像や絵画などが展示されてます。弁財天が水の神さんだと、ワタクシ初めて知りました。それと、とぐろを巻いた蛇の胴体に老人の顔のついた宇賀神像…

  • 京都府立陶板名画の庭
    京都府京都市左京区下鴨半木町
    ブログでのクチコミ:5件

    お越しいただきありがとうございます==========================================北山の府立植物園のお隣に『京都府立陶板名画の庭』っていうのがあります。知ってました?失礼ながら私は最近まで知りませんでした・・・・1994年にオープンした、古今の名画を陶器の板に転写して展示している、屋外美術館です。オープンエアの建物は、…

  • 京都国立近代美術館
    京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
    ブログでのクチコミ:10件

        第二次世界大戦の終結後、政治的対立により東西二つに分断されたドイツは、1990年に統一されるまでの間、冷戦の最前線にあって映画界も別々の道を歩むことになりました。西ドイツでは映画製作が息を吹き返すとともにアメリカや西欧の他の国々の映画が盛んに輸入され、東ドイツでは国営会社DEFAによって独自の社会主義的な映画文化が生まれました。 そうした映画文化の分…

  • 高麗美術館

    高麗美術館

    美術館・博物館
    京都府京都市北区紫竹上ノ岸町15
    ブログでのクチコミ:5件

    本展覧会では、当館が所蔵する仏像や仏画と青磁器を中心に、朝鮮半島における仏教美術と青磁のかかわりを展示・解説いたします。皆様のご来館を心よりお待ちしております。   ☆★☆★☆ 仏教の輝き 青磁の輝き ☆★☆★☆ ■開催日時:2016/4/5~7/24 10:00~1…

  • 何必館・京都現代美術館
    京都府京都市東山区祇園町北側271
    ブログでのクチコミ:11件

    MAYA MAXX「狭き門」2016 何必館・京都現代美術館蔵 MAYA MAXXの創作の軌跡を10年に渡って紹介するこの展覧会も、今年で8回目を迎えます。 本展覧会のテーマは「黒から玄へ」です。前回の展覧会から約2年間、MAYA MAXXは絵を描くことができませんでした。 思うように描けない日々の中で、MAYA MAXXの作品は、絵具の層が何層にも重なり…

  • 京都府立堂本印象美術館
    京都府京都市北区平野上柳町26−3
    ブログでのクチコミ:7件

    本展では、文化勲章を受章した日本画家・堂本印象の知られざる工芸品や商品デザインなど様々な作品を入り混ぜ、印象の多彩で華やかな活動の軌跡を紹介します。 多数の初出展作品をはじめとし、印象が下絵を描いた豪華婚礼衣装や油絵による家族の肖像画シリーズ、商品デザインを手がけた酒瓶など、様々な作品を展示し、堂本印象の日本画だけではない、マルチな側面をご覧いただけます。…

  • 京都芸術センター
    京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
    ブログでのクチコミ:12件

    京都市では,「DO YOU KYOTO?(環境にいいことしていますか?)」を合言葉に,地球温暖化防止に向けた取組を進めています。 来る5月29日(日曜日)に,京都市「DO YOU KYOTO?」大使として活動いただいている「Live! Do You KYOTO?実行委員会」との共催により,音楽を楽しみながら自然環境の大切さや美しさを共有し,来場者の皆様の…

  • 京都清宗根付館
    京都府京都市中京区壬生賀陽御所町46−1
    ブログでのクチコミ:2件

    江戸時代、印籠・矢立て・煙草入れ・袋などの「提げ物」を携帯する際、その紛失や盗難を防ぐ必要から発明されたのが「根付」です。 提げ物を紐で帯に吊し、もう一方の先に根付を取り付けて留具としました。 象牙や牛の角など動物の骨、陶器や金属を素材として、日本人独特の器用さで精巧な彫刻が施されています。 今回の展覧会では、祇園祭の長刀鉾や月鉾の「鉾頭」など京都の…

  • 相国寺承天閣美術館
    京都府京都市上京区今出川通烏丸東入上る相国寺門前町701
    ブログでのクチコミ:9件

    相国寺観音懺法を荘厳する動植綵絵30幅を一堂に展示 動植綵絵本歌30幅は宮内庁三の丸尚蔵館所蔵 (コロタイプ印刷による複製品)   伊藤若冲は繊細な描写技法によって動植物を美しく鮮やかに描く一方、即興的な筆遣いとユーモラスな表現による水墨画を数多く手掛けるなど、85歳で没するまで…

  • 美術館「えき」KYOTO
    京都府京都市下京区東塩小路町657
    ブログでのクチコミ:2件

    先週土曜日、久しぶりに京都へ。美術館えき「日本画に見るさくら展」を見たり、京都タワーへ上がったり。四条河原町の「志る幸の利休弁当」を食べようかという話になりましたが、あいにく「志る幸」さんは、4月上旬まで改装中でお休み。店を探し、ぶらぶら高瀬川沿いに散策。桜が、とてもキレイでした。大きな柳と桜の取り合わせも、なかなかの風情。元•立誠小学校では高…

  • 細見美術館
    京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6−3
    ブログでのクチコミ:6件

    アール・ヌーヴォーは、欧米で19世紀末から20世紀初頭にかけて全盛を極めた工芸や建築、グラフィック・アートなどの多岐にわたる装飾様式で、流れるような曲線によって構成されていることを特徴とします。 こうした流行は、同時代における陶磁器のデザインにも顕著に現れることとなり、美しく優雅な作品や東洋陶磁に倣った作品が次々と誕生…

  • 樂美術館
    京都府京都市上京区油小路通中立売上る油橋詰町84
    ブログでのクチコミ:7件

    大昔から現代に至るまで日常生活には欠かせない、うつわ。 ガラスのうつわ。陶器のうつわ。金属のうつわ。時には、葉っぱをうつわにすることも。 それぞれの楽しみ方や感性で、うつわは使う人、見る人を魅了します。 さて、日本には様々な陶器の産地があり、それぞれ固有の焼き方で、うつわを作っています。 その中でも、「樂焼」は極めて特殊な陶器です。 それは、茶(=抹茶)…

  • 大西清右衛門美術館
    京都府京都市中京区三条通新町西入釜座町18
    ブログでのクチコミ:2件

    茶の湯釜の装飾のひとつに、釜肌にあらわす文様があります。 それらには絵画的な自然の風景や、植物・動物・幾何学文様などじつに多種多様で、鉄の鋳物により形づくられ、色彩の抑えられた硬質な器物であるはずの茶の湯釜のイメージを、やわらかくも、華やかにもします。 地文は釜師の手により、箆という道具を使って鋳型に押し描かれます。 その下絵となる下絵や図案は、釜…

  • 京都府京都市東山区渋谷通東大路西入鐘鋳町569
    ブログでのクチコミ:1件
  • 高台寺掌美術館
    京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町530
    ブログでのクチコミ:5件

    戦国時代の女性のくらしと信仰に焦点をあてた展覧会。 戦国時代の女性は家を統括する役割を夫と同程度に果たし、戦で夫が不在中は夫に代わってその役割をし、また、夫が亡くなると夫や自分の一族の供養をして暮らしました。 この展覧会では、北政所が平和な日々を願い、晩年に亡き夫や父母の供養をした様子を伝える品を中心に、高台寺伝来の品々が展示されています。それらの品々が高…

  • 泉屋博古館

    泉屋博古館

    美術館・博物館
    京都府京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24
    ブログでのクチコミ:4件

      本展では住友家に伝わった明治以降の近代絵画と工芸作品を中心にご紹介します。 明治以降の日本美術は、新しい西洋文化と、伝統的な中国、日本文化が競合し、また融合して多様な展開を見せることとなります。そして作家達は、その中から自らの美意識に適うものを選び取って優れた作品を次々に発表し…

  • 八幡市立松花堂庭園・美術館
    京都府八幡市八幡女郎花43
    ブログでのクチコミ:2件

    松花堂庭園には 松花堂美術館も併設されています。 私が行った時は金澤翔子展「夢」が開催されてました。 テレビではよく見ますが、 実際目の当たりにするとゾクってするほどの迫力でした。 みんな写真撮ってたので美術館なのに撮影可なの? どこにも撮影禁止って書いて無いし・・ 思ったので私も撮ってたんだけど出る時に玄関脇の小さなボードが裏向…

  • 黎明教会資料研修館

    美術館・博物館
    京都府京都市左京区吉田神楽岡町3-6
    ブログでのクチコミ:1件

42 件中 1 - 20 件目

1 2 3 次へ

アートに触れるスポットといえば「美術館・ギャラリー」です。アーティストや企画によって変わる展示や常設展を求めて美術館を訪ねるのはもちろんのこと、美術館自体の建築様式にも注目です。著名な建築家が設計した美術館も多く、建物自体や空間性も芸術作品として大いに楽しめます。また、館内にあるミュージアムショップでは、現在展示中のアートグッズをはじめ、美術関連の書籍や資料が並びます。センスと遊び心がいっぱいのデザイナーズグッズなどを取り扱うショップもあり、ギフトやちょっとしたプレゼントにも喜ばれるでしょう。街の小さな画廊やギャラリーでは、取り扱う作品の個性がギャラリーごとに異なり、それぞれ特色があります。新進気鋭のアーティストの瑞々しい感覚を求めて、自分の琴線に触れる作品を探すギャラリーめぐりも楽しいものです。
お店の登録はこちら(無料)