京都府の美術館・博物館

京都府の美術館・博物館

京都府の美術館・博物館を42件掲載。京都府の美術館・博物館のクチコミ、写真、地図などお出かけに役立つ情報が満載です。
  • 野村美術館
    京都府京都市左京区南禅寺下河原町61
    ブログでのクチコミ:32件

      【前期】3月8日(土)~3月30日(日)【後期】4月1日(火)~4月20日(日) ※前期・後期で幾つかの陳列替があります。 野村美術館では2014年春季特別展(前半)として、「あめんぼコレクション」による19世紀京都の芸術と文学を代表する歌人、大田垣蓮月尼(1791~1875)の作品展が行われます。 彼女が作った全ての陶磁器には、自身の和歌が独特の書…

  • 京都市美術館
    京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
    ブログでのクチコミ:18件

    異色の画風を作り上げた若冲の世界を見る展覧会 江戸時代中期に活躍した伊藤若冲は、京都錦小路の青物問屋の長男として生まれ、今年は生誕300年を迎えます。生誕300年を記念し、写生的、装飾的な花鳥画と斬新なタッチの水墨画によって異色の画風を作り上げた若冲の世界を展覧します。 記念講演会 若冲にとって京都とは何か(1) 日時:2016年10月8日(土)…

  • 龍谷ミュージアム
    京都府京都市下京区西中筋通正面下る丸屋町117
    ブログでのクチコミ:12件

    水木しげる(1922-2015)は、2015年11月に亡くなるまで、戦争で片腕を失いながら93年間の生涯を現役で在り続けました。 境港で過ごした幼少期、地獄極楽絵図に心を奪われ目に見えない世界を信じるようになりました。そして、太平洋戦争激戦の地、ラバウルで生と死の境を彷徨いながら、理不尽な戦争で失った多くの魂を見つめてきました。 本展は、日本漫画界の鬼才、…

  • 京都府立陶板名画の庭
    京都府京都市左京区下鴨半木町
    ブログでのクチコミ:5件

    お越しいただきありがとうございます==========================================北山の府立植物園のお隣に『京都府立陶板名画の庭』っていうのがあります。知ってました?失礼ながら私は最近まで知りませんでした・・・・1994年にオープンした、古今の名画を陶器の板に転写して展示している、屋外美術館です。オープンエアの建物は、…

  • 京都国立近代美術館
    京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
    ブログでのクチコミ:18件

    ☆★☆★ 藤田嗣治 生誕祭 ■開催日時:2018/11/27 ☆★☆★ 京都国立近代美術館では、史上最大規模の大回顧展「没後50年 藤田嗣治展」開催を記念し、11月27日(火)の藤田嗣治の誕生日をお祝いする記念企画「藤田嗣治 生誕祭」を開催します。 「c Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR,Tokyo,…

  • 高麗美術館

    高麗美術館

    美術館・博物館
    京都府京都市北区紫竹上ノ岸町15
    ブログでのクチコミ:6件

    2017年の干支である酉にちなむ展覧会です。 中国を起源とする干支は日付や方角、時間を表わす単位として考えられ、朝鮮半島に伝播して、日本には5~6世紀頃に伝わりました。人々の身近な動物であるトリは古くから多くの物語や歌に登場します。 ユネスコ「世…

  • 何必館・京都現代美術館
    京都府京都市東山区祇園町北側271
    ブログでのクチコミ:14件

    麻田鷹司は、 一貫して風景を描き、心に響き、心を通わせることができる「私の風景」を追い求めて制作する中で、「名所」・「名勝」と呼ばれる場所が、実は日本人の宗教観や風景観と深くつながっていることに気付き、意識的に取り上げました。東京移住後は、生誕地の京都…

  • 京都府立堂本印象美術館
    京都府京都市北区平野上柳町26−3
    ブログでのクチコミ:7件

    本展では、文化勲章を受章した日本画家・堂本印象の知られざる工芸品や商品デザインなど様々な作品を入り混ぜ、印象の多彩で華やかな活動の軌跡を紹介します。 多数の初出展作品をはじめとし、印象が下絵を描いた豪華婚礼衣装や油絵による家族の肖像画シリーズ、商品デザインを手がけた酒瓶など、様々な作品を展示し、堂本印象の日本画だけではない、マルチな側面をご覧いただけます。…

  • 京都芸術センター
    京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
    ブログでのクチコミ:15件

    四季をテーマにした、音楽と着物による音楽公演 『音楽を着る』は音楽や着物そのものというよりも、音楽が喚起する図像的イメージや着物の絵柄が醸し出す音楽に焦点を当てます。「四季」をテーマに、それぞれの感じ方や表現の仕方を、曲作りや公演全体の構成に反映させました。 ベルギー出身の作曲家ニコラ・ルリブと、染色作家・奥野むつみは、互いの国籍や分野を越えて、俳句から着…

  • 京都清宗根付館
    京都府京都市中京区壬生賀陽御所町46−1
    ブログでのクチコミ:2件

    江戸時代、印籠・矢立て・煙草入れ・袋などの「提げ物」を携帯する際、その紛失や盗難を防ぐ必要から発明されたのが「根付」です。 提げ物を紐で帯に吊し、もう一方の先に根付を取り付けて留具としました。 象牙や牛の角など動物の骨、陶器や金属を素材として、日本人独特の器用さで精巧な彫刻が施されています。 今回の展覧会では、祇園祭の長刀鉾や月鉾の「鉾頭」など京都の…

  • 相国寺承天閣美術館
    京都府京都市上京区今出川通烏丸東入上る相国寺門前町701
    ブログでのクチコミ:11件

    「サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝~江戸の名品勢ぞろい~」展   葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」天保2年(1831)頃 横大判錦絵 展示期間:前期c Lee E. Dirks Collection 浮世絵200年の歴史を…

  • 美術館「えき」KYOTO
    京都府京都市下京区東塩小路町657
    ブログでのクチコミ:2件

    先週土曜日、久しぶりに京都へ。美術館えき「日本画に見るさくら展」を見たり、京都タワーへ上がったり。四条河原町の「志る幸の利休弁当」を食べようかという話になりましたが、あいにく「志る幸」さんは、4月上旬まで改装中でお休み。店を探し、ぶらぶら高瀬川沿いに散策。桜が、とてもキレイでした。大きな柳と桜の取り合わせも、なかなかの風情。元•立誠小学校では高…

  • 細見美術館
    京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6−3
    ブログでのクチコミ:8件

    細見美術館の多彩なコレクションから毎回テーマを設けて開催しているシリーズ「麗しき日本の美」展の第6弾。 今回は日本美術に多くみられる「秋草」がテーマです。その優美・繊細な趣きは、うつろいを愛でる日本人の美意識に寄り添うものとして、文学のみならず、絵画や工芸作品の主題として好まれてきました。 本展では、琳派や若冲の絵画作品のほか、優美な意匠の羽黒鏡、華やか…

  • 樂美術館
    京都府京都市上京区油小路通中立売上る油橋詰町84
    ブログでのクチコミ:10件

    本阿弥光悦は元和元年(1615)京都・鷹峯の地を拝領、その地で茶の湯、書、陶芸など、数寄風流の世界を逍遙します。中でも光悦の制作した樂茶碗は、樂家二代常慶、三代道入との交流の中で生まれ、それらは樂家の窯で焼成されました。 本展は、永きにわたって光悦の芸…

  • 大西清右衛門美術館
    京都府京都市中京区三条通新町西入釜座町18
    ブログでのクチコミ:2件

    茶の湯釜の装飾のひとつに、釜肌にあらわす文様があります。 それらには絵画的な自然の風景や、植物・動物・幾何学文様などじつに多種多様で、鉄の鋳物により形づくられ、色彩の抑えられた硬質な器物であるはずの茶の湯釜のイメージを、やわらかくも、華やかにもします。 地文は釜師の手により、箆という道具を使って鋳型に押し描かれます。 その下絵となる下絵や図案は、釜…

  • 京都府京都市東山区渋谷通東大路西入鐘鋳町569
    ブログでのクチコミ:1件
  • 高台寺掌美術館
    京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町530
    ブログでのクチコミ:6件

    日本では、平安時代以降の宮廷の人々が、自然の移ろいに人生の喜怒哀楽を重ね合わせて和歌を詠みました。人々が互いに和歌を詠み交わす中で、情緒的で洗練された感覚がより磨かれ、その優美さが宮廷文化の礎になりました。 後の時代の人々にとって、平安時代の宮廷文化はあこがれの対象でした。花鳥風月に…

  • 泉屋博古館

    泉屋博古館

    美術館・博物館
    京都府京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24
    ブログでのクチコミ:7件

    仏教美術は、インドに始まりシルクロードを通って朝鮮、日本に伝わり、各地で大輪の花を咲かせました。真摯な信仰心に裏付けされた仏像や仏画の数々は、信仰を持たない人々にも感動を与える普遍的な芸術作品として、今日に伝わっています。 本展では、そうした作品の中…

  • 八幡市立松花堂庭園・美術館
    京都府八幡市八幡女郎花43
    ブログでのクチコミ:2件

    松花堂庭園には 松花堂美術館も併設されています。 私が行った時は金澤翔子展「夢」が開催されてました。 テレビではよく見ますが、 実際目の当たりにするとゾクってするほどの迫力でした。 みんな写真撮ってたので美術館なのに撮影可なの? どこにも撮影禁止って書いて無いし・・ 思ったので私も撮ってたんだけど出る時に玄関脇の小さなボードが裏向…

  • 黎明教会資料研修館

    美術館・博物館
    京都府京都市左京区吉田神楽岡町3-6
    ブログでのクチコミ:1件

42 件中 1 - 20 件目

1 2 3 次へ

アートに触れるスポットといえば「美術館・ギャラリー」です。アーティストや企画によって変わる展示や常設展を求めて美術館を訪ねるのはもちろんのこと、美術館自体の建築様式にも注目です。著名な建築家が設計した美術館も多く、建物自体や空間性も芸術作品として大いに楽しめます。また、館内にあるミュージアムショップでは、現在展示中のアートグッズをはじめ、美術関連の書籍や資料が並びます。センスと遊び心がいっぱいのデザイナーズグッズなどを取り扱うショップもあり、ギフトやちょっとしたプレゼントにも喜ばれるでしょう。街の小さな画廊やギャラリーでは、取り扱う作品の個性がギャラリーごとに異なり、それぞれ特色があります。新進気鋭のアーティストの瑞々しい感覚を求めて、自分の琴線に触れる作品を探すギャラリーめぐりも楽しいものです。