京都市中京区の美術館・博物館

京都市中京区の美術館・博物館

京都市中京区の美術館・博物館を6件掲載。京都市中京区の美術館・博物館のクチコミ、写真、地図などお出かけに役立つ情報が満載です。
  • 京都芸術センター
    京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
    ブログでのクチコミ:15件

    四季をテーマにした、音楽と着物による音楽公演 『音楽を着る』は音楽や着物そのものというよりも、音楽が喚起する図像的イメージや着物の絵柄が醸し出す音楽に焦点を当てます。「四季」をテーマに、それぞれの感じ方や表現の仕方を、曲作りや公演全体の構成に反映させました。 ベルギー出身の作曲家ニコラ・ルリブと、染色作家・奥野むつみは、互いの国籍や分野を越えて、俳句から着…

  • 京都清宗根付館
    京都府京都市中京区壬生賀陽御所町46−1
    ブログでのクチコミ:2件

    江戸時代、印籠・矢立て・煙草入れ・袋などの「提げ物」を携帯する際、その紛失や盗難を防ぐ必要から発明されたのが「根付」です。 提げ物を紐で帯に吊し、もう一方の先に根付を取り付けて留具としました。 象牙や牛の角など動物の骨、陶器や金属を素材として、日本人独特の器用さで精巧な彫刻が施されています。 今回の展覧会では、祇園祭の長刀鉾や月鉾の「鉾頭」など京都の…

  • 大西清右衛門美術館
    京都府京都市中京区三条通新町西入釜座町18
    ブログでのクチコミ:2件

    茶の湯釜の装飾のひとつに、釜肌にあらわす文様があります。 それらには絵画的な自然の風景や、植物・動物・幾何学文様などじつに多種多様で、鉄の鋳物により形づくられ、色彩の抑えられた硬質な器物であるはずの茶の湯釜のイメージを、やわらかくも、華やかにもします。 地文は釜師の手により、箆という道具を使って鋳型に押し描かれます。 その下絵となる下絵や図案は、釜…

  • 京都府京都市中京区油小路通御池下る式阿弥町135-5
  • 京都府京都市中京区丸太町通室町西入道場町4
  • 京都府京都市中京区堺町通三条上る大阪材木町699 フォルム洛中庵1F

    イラストレーター永田萌さんのギャラリー。透明感のある美しい色彩の絵を鑑賞できる。…

アートに触れるスポットといえば「美術館・ギャラリー」です。アーティストや企画によって変わる展示や常設展を求めて美術館を訪ねるのはもちろんのこと、美術館自体の建築様式にも注目です。著名な建築家が設計した美術館も多く、建物自体や空間性も芸術作品として大いに楽しめます。また、館内にあるミュージアムショップでは、現在展示中のアートグッズをはじめ、美術関連の書籍や資料が並びます。センスと遊び心がいっぱいのデザイナーズグッズなどを取り扱うショップもあり、ギフトやちょっとしたプレゼントにも喜ばれるでしょう。街の小さな画廊やギャラリーでは、取り扱う作品の個性がギャラリーごとに異なり、それぞれ特色があります。新進気鋭のアーティストの瑞々しい感覚を求めて、自分の琴線に触れる作品を探すギャラリーめぐりも楽しいものです。