高田馬場 たれ山高田馬場の駅からすこし離れた神田川のそば、学生でうるさいエリアではな...

高田馬場 たれ山高田馬場の駅からすこし離れた神田川のそば、学生でうるさいエリアではな...

2019-04-15 10:07:34

View this post on Instagram

高田馬場 たれ山 高田馬場の駅からすこし離れた神田川のそば、学生でうるさいエリアではなくなってくるあたりに位置する焼肉店で大人が使いやすい立地にそさられる。 そんな場所に古民家リノベーションで一軒家を店として改築した素朴な店。2階は座敷になっており、靴を脱いでリラックスできる。 肉、悪くない。それもそのはず。ここは「肉山」のグループ店。それもたれ山の店主が肉山のオーナーに自分の味噌ダレを持っての直談判。その情熱が肉山グループ店としてのオープンという形で結実した。タレは店主が若い頃に体験した味噌ダレがルーツなのだとか。大阪のタレ焼肉のスタイルだというこれは東京の人間には新鮮かもしれぬ。 特筆はホルモン。ホルモンは下処理の丁寧さで味が決まるが、ここのは秀逸。味噌ダレが甘くホルモンのキャラクターが嫌味なく引き出され、悪いクセは抑え込まれており素晴らしい。 そして他の肉もそうなのだが、味噌ダレ+肉+白メシという組み合わせの危険度は大変なもの。美味しすぎる。味噌ダレの魔力が倍増する。 今回思い知ったのは焼き手の技術の大事さ。年上の友人に焼かせるのは申し訳ないと恐縮していたのだが、その繊細な焼き技術に魅了され、お任せしてしまった。 料理は肉だけではなく小皿のキムチ類、煮込みなどもとてもおいしくて、満足感が高かった。 よい夜であった。

はぴい/atsushi iizukaさん(@hapi3)がシェアした投稿 - 2019年Apr月14日pm6時07分PDT

ブログ記事を読む

ブログ概要

【西荻窪】まるごと中央線ブログ

はぴいのブログ、【西荻窪】まるごと中央線ブログです。西荻窪、荻窪界隈を中心に、日夜中央線の中野から吉祥寺あたりで活動するカレーライターの日常とごはんがたくさん紹介されてます。動画もいっぱい。すべてiPhoneだけで撮影、編集されているんですよ。著書「iPhone x Movieスタイル」技術評論社刊 をごらんください。