今週の映画「王座を巡って意志と運命が翻弄されたふたりの女王(゚Д゚;)ふたりの女王」

今週の映画「王座を巡って意志と運命が翻弄されたふたりの女王(゚Д゚;)ふたりの女王」

2019-03-20 16:58:33





💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。
🎥シネ・リーブル神戸にて上映中。
上映スケジュールは
劇場名をクリックするとご確認いただけます↖。

<📖ストーリー>

16世紀。隣り合う国、
イングランドとスコットランドに君臨するふたりの女王、
エリザベスⅠ世とメアリー・スチュワート。
メアリーがスコットランドに帰国し、
イングランドとの条約は臣下の男たちでなく
ふたりの女王が決めるものとの
手紙を従姉でもあるエリザベスに送る。
しかしエリザベスはそれに対して、
両国が友好関係を築けるように
2つの王国を1つにしようと返信する。
エリザベスは臣下からメアリーを排除しないと
イングランドで内乱が起きると言われていた。
メアリーはエリザベスと国をまとめたいだけで、
臣下に惑わされないでと訴えるが、
エリザベスは口を慎むよう告げる。



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
強くしたたかなスコットランドの女王👑。
しかし王座を巡り翻弄されたふたりの女王👑👑



16世紀の跡継ぎを巡る
イングランドとスコットランドの政争(・・;)
と、その中で、
意志と運命を翻弄された
ふたりの王位継承権を主張する女王の末路(・・;)。

イングランド、スコットランドそれぞれに
王位継承権を主張する女王がいて👑👑、
そりゃややこしくなるわ(^_^;)。

👑スコットランド女王は強く、
あらゆるものを利用するほどしたたか(・_・;)
。一方、
👑イングランド女王は顔へのコンプレックスから
自信が持てないのか(-_-;)、
臣下の提案に引きずられていきます(・_・;)
。そして
📖多少ストーリーに歴史的な齟齬はあるようですが(^_^;)、
👑王座という立場ゆえその意志と
運命が翻弄されたふたりの女王(゚Д゚;)。

エピローグの後日談がせめてもの救いか(-_-;)


多くの方に読んでいただくきっかけとして、
ランキングに参加しています。
お読みいただいて気にいっていただいたら、
一押しお願いします

にほんブログ村

ブログ記事を読む