【福岡】天神の珍スポット!結核ピザトースト&バリウムランチ♪@不思議博物館分室 サナトリウム

【福岡】天神の珍スポット!結核ピザトースト&バリウムランチ♪@不思議博物館分室 サナトリウム

2019-03-15 22:54:36

天神の珍カフェでランチ♪



天神エリアでランチ店を探していたところ、通りすがりに出逢った関係者らしきオジサンにこのお店の説明を頂きました。



お店の名前は『サナトリウム』。
昔の小説に出てくる病気の療養施設みたいな名前ですね。
※サナトリウム(sanatorium)とは、長期的な療養(結核等)を必要とする人のための療養所。



オジサンに案内頂き、ビルの3階にたどり着きました。
昭和レトロな〇〇医院風な入り口です。
そして、子供の頃嗅いだことがある、病院をイメージする匂いがします。
個人的には、反射的に憂鬱な気分になります…(苦笑)。
なんと、演出的に消毒液?の香りをルームフレグランス的に使っているらしいです。
芸が細かい。
但し、入口付近だけで店内は匂いませんのでご安心を。



ひと昔前の個人病院風に、入口で靴を脱いでスリッパに履き替えます。
『ふ』のスリッパがいっぱい(笑)。



店内です。
こりゃまた、手術用の照明灯があったりして変わっとーね!
そして、カウンターの奥にはメイドカフェ風のメイドさん。
…と思ったら、ナースさんでした。
昔風のナースユニフォーム(第一次世界大戦中のドイツの従軍看護婦風)のコスプレなのね。
こちらのお店では『不思議子ちゃん』という名称のスタッフらしいです。



入口付近には、人体標本模型が置かれた半個室もあります。



そして、店内には医療関係の標本や模型などが展示されております。
こちらは、肺結核の標本。



子供の麻疹(はしか)の模型。
アートではなく、昔実際に使用されていたものだけに分かりやすく説得力があります。



歯牙疾患置標本と内臓疾患寄生虫模型。



こちらはアートということになるのでしょうか。
不思議博物館の館長である造形作家・角孝政氏によるシラミをモチーフとした作品です。



こちらが館長さんです。
あ、この店に案内してくれたオジサンやん(笑)♪



不思議ワールドを創り出した方ですが、立派な経歴をお持ちの造形作家さんなのですね。



そして、何人かおられるという不思議子ちゃん。
今回お会いしたのは、愛称:ちぇんちぇん、こと宮田愛理さん。
カフェ営業中はちょっぴり無機質なナースさんですが、時折夜開催されるホラーデーイベントの日は、オカルトチックなコスプレをお召しになるとか。
※お店のルールで、勝手に不思議子ちゃんの写真を撮ることはいけません。有料制ですが要確認。

予定更新✨今月は15日ホラーday番外編(ボードゲーム会)と、27日の恒例のホラーday(緊縛体験開催)と2回あります🎶普段お昼にお時間とれない方も、是非22時まで開館しているので遊びにいらしてくださいませ👻サナトリウム通常営業もよろ🍀ちなみに納豆家は、5、6、13、20のランチタイムにお給仕す🍴 pic.twitter.com/q0ve0CJZZH

— ちぇんちぇん@3/15夜👻3/27ホラーday (@airi_miyata) 2019年3月4日

ブログ記事を読む