【福岡】博多水炊きの老舗で人気の丼ランチ♪@新三浦 天神店 | 新三浦

【福岡】博多水炊きの老舗で人気の丼ランチ♪@新三浦 天神店

2019-02-04 19:48:33

福岡・博多には、水炊き専門店や水炊きをメニューに置くお店が沢山ありますが、
こちらは、その中で最も老舗の水炊き専門店です。
ちなみに、こちらでは『みずたき』ではなく『みずだき』と呼びます。
個室で和服の仲居さんが給仕をしてくれる料亭スタイルの『新三浦 博多本店(福岡市博多区石城町)』もありますが、
系列店のこちらは、アクセスが良い天神で、よりカジュアルに濃厚スープの水炊きを楽しめます。
天神にお勤めの方々や地元民にとっては、水炊き以外のランチを頂ける人気店でもあります。



天神のど真ん中に位置する天神ビル。
1960年(昭和35年)生まれの御長老オフィスビルです。
外壁は、全面に茶褐色の有田焼のタイルが貼られています。



ビルの地下に飲食店街があり、『新三浦 天神店』は天神ビル内で創業して60年弱経つそうなので、
天神ビルと同じ位歴史があるお店ですね。



店頭のショーケースです。



こちらは、博多水炊きコースのメニューです。
ランチで頂くにしては、時間もかかるしお値段もそれなりなので、あまり日常的ではありませんね。
とは言え、近年はアジア系観光客の方が多く、お昼に水炊きコースを召し上がっている方もおられます。



お一人様用の水炊きセットもあります。
がめ煮などの小鉢が付いて、1,950円です。
今でこそ、お一人様もつ鍋や水炊きを提供するお店が増えましたが、こちらは先駆け的な存在ではないでしょうか。



店内は、テーブル席とお座敷があります。
本店のように和服の仲居さんはおられませんが、水炊きコースを頼むと係の方がサービスにあたってくれます。



水炊き以外で、地元民に人気のランチメニューは丼ものです。
どれも1,000円弱で頂けます。



恐らく一番人気は、親子丼でしょう。
親子丼870円(税込)。
鶏スープで煮込んだ鶏を玉子でとじ、更に玉子をのせるという夢のような企画になってます(笑)。



…と、その前に召し上がって頂きたいのがスープです。
水炊き鍋に入っているスープと同じもので、丼ものを頼むとセットに付いてます。
表面にタンパク質の膜を張る位濃厚な鶏白湯スープです。
このスープを頂くと、こちらのお店の水炊きの実力が分かるはずです。
本店で水炊きコースを頂いた時は、このスープが美味しくて、おかわりを沢山しました。
日本酒との相性も抜群です。
鍋のシメは、お餅にうどん、スープをたっぷりかけたお茶漬けでした。



最近は、昔と違って上品で優秀な親子丼を出すお店が増えたので、
以前ほどの感動はないものの、それでもトロトロ半熟卵と柔らかい鶏肉の親子丼は美味しいです。
生の黄味を崩すと、親子丼と玉子かけご飯を一緒に食べてるみたいで、
飲める親子丼に近いです(笑)。



親子丼以外の丼ものは、肝弁当・てり玉子丼・焼き鶏丼があります。



同僚は、肝弁当870円(税込)。
こちらにもスープが付いていますので、是非最初に召し上がってみてくださいね。



肝弁当は、こちらの一品料理の『肝のたれ焼き』をご飯にのせてお重仕立てにしたものです。
お惣菜によくある甘辛く煮たポクポク食感の鶏レバー煮ではなく、上品な味わいでフォアグラのように柔らかく滑らかな舌触りです。
これも本店で頂いてとっても好きになったメニューのひとつです。
親子丼と肝弁当、どちらも甲乙つけがたい水炊き専門店のランチです(夜も頂けます)。
ごちそうさまでした♪



食後は、天神ビル地下飲食店街をぐるっと見てみました。
天神ビル創業と同じくしてオープンした老舗天ぷら店。
天麩羅 酒宇。



きんさい屋 天神ビル店。
広島風お好み焼きの店ですが、ランチには特製平打ち麺の鉄板ナポリタンもあります。



40年近く営業しているという、珈琲 麻里邑(まりむら)。
純喫茶らしいメニューです。



能古うどん 天神ビル店。
もつ鍋メニューもあって、シメは一般的なチャンポン麺ではなく、うどん食べ放題です。



博多盛りそば処 肉そば屋 喰海 天神ビル店。



洋食風の定食が頂けるオタマシャモジ。



ビアレストラン パブ キリン 天神ビル店。
こちらも相当前からあることは確かです。
店内が昭和レトロな雰囲気でした。



鉄板ナポリタンを発見。



ステーキのMAXIM(マキシム)。
こちらも結構前からあるお店だと思います。
シェフが目の前の鉄板カウンターで焼いてくれるお店。
ステーキメニューは高そうですが、ランチセットのハンバーグやサガリステーキだと1,500円弱位、ビーフコロッケだと1,000円位でした。



天神 黒毛和牛焼肉 参星(みつぼし)。
数量限定の極上カルビステーキ重ランチが人気のようです。



天神ビルでランチした後は、岩田屋のバレンタインデー催事『チョコレートの祭典 サロン・デュ・ショコラ』を社会見学(買わなかったけど…笑)。
SNS用の撮影スポットもありました。



【店名】新三浦 天神店
【住所】福岡県福岡市中央区天神2-12-1 天神ビル地下1F
【営業】11:15~15:00(L.O.14:30 水炊きコースL.O.14:00) 17:00~21:00(L.O.20:15 水炊きコースL.O.19:30) ※要確認
【定休】火曜日・不定休 ※要確認
※西鉄・福岡(天神)駅より徒歩8分。地下鉄・天神駅より徒歩2分。
※姉妹店に新三浦 博多本店があります。

博多のあんのインスタグラム


View this post on Instagram

福岡・博多には、水炊き専門店や水炊きをメニューに置くお店が沢山ありますが、 こちらは、その中で最も老舗の水炊き専門店です。 個室で和服の仲居さんが給仕をしてくれる料亭スタイルの『新三浦 博多本店(福岡市博多区石城町)』もありますが、 系列店のこちらは、アクセスが良い天神で、よりカジュアルに濃厚スープの水炊きを楽しめます。 天神にお勤めの方々や地元民にとっては、水炊き以外のランチを頂ける人気店でもあります。 地元民に人気のランチメニューは丼もので、どれも1,000円弱で頂けます。 一番人気の親子丼以外に、肝弁当・てり玉子丼・焼き鶏丼があります。 肝弁当870円(税込)。 肝弁当は、こちらの一品料理の『肝のたれ焼き』をご飯にのせてお重仕立てにしたものです。 お惣菜によくある甘辛く煮たポクポク食感の鶏レバー煮ではなく、上品な味わいでフォアグラのように柔らかく滑らかな舌触りです。  (『博多おんな節。』ブログ記事『【福岡】博多水炊きの老舗で人気の丼ランチ♪@新三浦 天神店』より一部抜粋)  【店名】新三浦 天神店 【住所】福岡県福岡市中央区天神2-12-1 天神ビル地下1F  #博多おんな節 #博多女節 #博多のあん #福岡ランチ #福岡グルメ #博多グルメ #新三浦 #天神ランチ #天神ビル #후쿠오카맛집 #fukuokafood #福冈美食

博多おんな節。博多のあんさん(@hakataann)がシェアした投稿 - 2019年 2月月4日午前2時49分PST



新三浦 天神店

ジャンル:鶏の水だき
アクセス:地下鉄空港線(1号線)天神駅 中央口 徒歩2分
住所:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-12-1 天神ビルB1(地図)
姉妹店:料亭 新三浦
周辺のお店:ぐるなび 天神×鍋料理
情報掲載日:2019年2月4日

食べログ【博多女のB級グルメ節。】
【福岡】博多水炊きの老舗で人気の丼ランチ♪@新三浦 天神店



グルメレビュアーランキングに参加してます。
下のボタンを応援クリックして下さると嬉しいです。感謝!

新三浦 天神店 (水炊き / 天神駅、西鉄福岡駅(天神)、天神南駅)
昼総合点★★★☆☆ 3.5

ブログ記事を読む

このブログに登場するスポット

  • 新三浦

    新三浦

    福岡県福岡市博多区石城町21-12

    ▼ 新三浦に関するブログ記事

    • 新三浦

      今年は「新三浦」でしっぽりクリスマス 水炊きはもちろん、 他のお料理もとても美味しく頂きました。 今月、 何かと着せていたこの赤いワンピースも着納めだわ。 今夜はサンタさん来るかな~。 初めて枕元にプレゼントを置こ...

    • 料亭 新三浦

      お宮参りの後「料亭 新三浦」でお昼ごはん。 博多の水炊きが初めての義母も母もとても気に入ってくれたようでした^^ お昼も夜も赤ちゃんOKだそうです。 ブランケットを貸してくれたり、 赤ちゃんにもやさしいお店で気兼ねなくお食事がで...

    • 博多水炊きの有名店で人気の親子丼ランチ♪@新三浦・天神店

      ヤラセではなく(笑)、我が福岡を応援する力と更新の励みにさせて頂いてます♪ ブログ右サイド⇒の応援クリックよろしくお願い申し上げます。 明治43年創業の老舗『料亭 新三浦』の名物・鶏の水だき(水炊き)! …を天神の真ん中でカジュアルに...

千代県庁口駅の人気スポット