確かに自ら家系は名乗っていない

確かに自ら家系は名乗っていない

2018-09-19 19:08:20




沖縄に初めて「横浜家系」を出店したのは
牧志にある「武蔵家 沖縄本店」とのこと。
(場所や店名は何度か変わっているようです)
今回はその武蔵家の流れを汲む人気店に行ってきました。


豚骨拉麺 昇家 (浦添市仲間1-5-3)



とんこつ醤油(太麺、濃いめ多め)

太麺・細麺が選べるのですが、
店によってその概念は大分異なりますよね。
(まあ家系で細麺は無いよな・・・)
と太麺をチョイスしたのですが、
これがプリップリでコシのある太縮れ。
麺自体は決して悪くないのですが、
「中太、短めでウェーブのかかったストレート麺」
の家系イメージは覆されます。
乗っているナルトやキクラゲを見ても、
必ずしも「家系」に拘っている訳ではないのでしょう。
(3枚海苔も1枚だし、とんこつ魚介とかあるし)

初見なのに「濃いめ多め」で注文しましたが、
バカ舌のわたくしにはこれで正解でしたよ。
「え?全部飲んだんですか」
などとオクさんが言っておりましたがね・・・



余談になりますが前述の武蔵家沖縄本店、
都内やその周辺でよく見る所謂「新中野系」ではなく
吉祥寺武蔵家の関係らしいです。
これを読んでニヤリとした方もいるでしょう。
そう、六角家の姉妹店としてオープンしたのに
その看板を後発の洞くつ家に持っていかれた、あの吉祥寺です。
気になる人はヤフーでググってみて下さいね。

(※そういえば船橋界隈の方にはお馴染み、
中野木交差点にある武蔵家は新中野系ですね。
しかも酒井製麺所の麺を使っていたので本家筋なのでしょう。
ネーフー遊びの帰りによく寄ったのを思い出しましたよ)



まあそんな感じです。
それではまた。







ブログ記事を読む