とんかつ 大喜 @その6 (とんかつ:長堀橋) この地にあり続けて欲しい

とんかつ 大喜 @その6 (とんかつ:長堀橋) この地にあり続けて欲しい

2018-07-20 00:01:00

どうも、ヴィクトル=マリー・ユーゴーです。
荒々しく毒づいた言葉は、その根拠が弱いことを示唆する。

 
長堀橋の大喜。

近い、高くない、並ばない。
それでいて、結構美味いとんかつ。

大阪でとんかつ喰いたくなりゃ、ここでいい。

 
そろそろ、顔も覚えられたか。

まあ、たまに来て、いつも同じ定食を食べて、
いつも「塩多めにください」と言う奴はそうそう居まい。

 
特選ロース厚切り(2,030円)は250gのボリューム。

低温でじっくり上げるから、時間がない時は寄れないが、
読書しながら待つのは悪くない時間。

店主のTwitterを見ると、評判の店を頻繁に食べ歩き、
とんかつの見聞を広げているようである。

 
初回訪問時よりも、揚げ具合は良くなっているような気もする。

大阪では有名店でも、肉と衣が分離する別居かつを平然と出す店があるが、
衣の剥離なんてもちろん無く、ぴったりと寄り添っている。

中もしっかりとレア。
いい豚肉を使ってようが何だろうが、火が入り過ぎてスカスカは、
もうどうにもならない。

油切れがあと少し良くなれば、ほぼ完璧ではなかろうか。

 
炊き立て艶々のご飯も美味い。

脂の甘みたっぷりの厚切りかつを頬張り、
銀シャリをかき込むのは幸せだ。

たまにとんかつ喰いたくなりゃ長堀橋。
移転せず、ここでずっと営んでいて欲しい。

【訪問時期:2018年5月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 


食べ歩きランキング



  

【過去記事】
その1 ・・・ 気持ち良き接客のとんかつ屋
その2 ・・・ 超厚切り
その3 ・・・ 定番化
その4 ・・・ 厚切り
その5 ・・・ とんかつ晩餐



とんかつ 大喜


関連ランキング:とんかつ | 長堀橋駅、心斎橋駅、日本橋駅



ブログ記事を読む