魚系ランチでは新宿二丁目No1か「安芸」@新宿二丁目 | 広島料理 安芸

魚系ランチでは新宿二丁目No1か「安芸」@新宿二丁目

2018-02-20 14:18:42

広島料理 安芸@新宿二丁目
居酒屋ランチ


新宿二丁目エリアの魚系ランチで大人気のお店「安芸」。
ちょっとわかりにくい場所にありますが、いつも大混雑しております。年配めのお客さんで。



広島料理のお店らしいのですが、ランチメニューからは広島らしさは感じられません。
数多くの魚系ランチが900円~で揃っています。
そして時間が経過するにつれて、どんどん消えていきます。


ランチタイムが11時30分~13時15分と短いのですが、13時に行くとかなりの品が売り切れになっていますので注意が必要です。


店内はL字型のカウンター席と、



4人がけの座敷席が3つあります。
店員さんも特に広島弁炸裂ということもありません。


そもそも広島料理というものはどんなものか。1年ほど住んでいましたが、広島風お好み焼きくらいしか浮かばないのですが、お好み焼きを提供する雰囲気はゼロです。


とても人気のある「ブリ大根煮」にしてみました。
もともとブリ大根は900円の定食ですが、どの定食も1,100円にパワーアップすることでお刺身を付けることができます。
1,000円は超えてしまいますし小さな刺身ではあるのですが、ハイクオリティな刺身が頂けるので是非刺身付きにしたいところです。



ブリ大根の特徴は、とにかく色が黒いことです。ここまで黒いブリ大根はなかなか見たことがありません。



色が濃すぎるので味も濃すぎるのかと思いきや、そんなことはないのが安芸のすごいところです。
色がこれだけ濃くて、味もリニアに濃い場合は、人気店には恐らくならないであろうと思われます。


骨まで食べられる豪快なブリ大根は900円の定食としてはあり得ないほどの存在感です。
ご飯に合いすぎる甘辛い絶妙な味付けも何とも言えません。

ブリも大きいですし、大根も1本の半分くらいは摂取することになりますので、とてもお腹いっぱいになります。
しかしブリと大根なので、肉のランチと違って食後感も最高です。



この時の刺身はマグロだったのですが、天然なのか養殖なのか、冷凍なのかそうじゃないのか、どちらも分かりませんが、マグロ自体の味が濃い上質なマグロ刺しに「1,000円超えちゃったけど頼んで良かった」という思いが広がります。



醬油も色が綺麗でフレッシュ感があります。
安芸は新宿二丁目でNo1の魚系ランチのお店だと思います。そして夜だってきっと素晴らしいはず。



2回行って2回気になったのは、大将が女性スタッフの方をたくさん叱ります。この叱り方は奥さんかな?と思うほど叱ります。
その際の気まずさなど気にならないという場合には、諸手を挙げて新宿二丁目ランチで魚が食べたい場合には真っ先に思い出したいお店です。



===
【オーダー】
ブリ大根煮(刺身オプション) 1,100円



↓ほとんどされませんが、クリックしてくれたら嬉しいです。


総合評価(7) :★★★★★★★☆☆☆

味(7)     :★★★★★★★☆☆☆
サービス(5)  :★★★★★☆☆☆☆☆
CP(7)     :★★★★★★★☆☆☆

広島料理 安芸 (郷土料理(その他) / 新宿御苑前駅、新宿三丁目駅、新宿駅)

昼総合点★★★☆☆ 3.5



[居酒屋(ランチ)]

ブログ記事を読む

このブログに登場するスポット

  • 広島料理 安芸

    広島料理 安芸

    東京都新宿区新宿2-11-1

    ▼ 広島料理 安芸に関するブログ記事

    • 今年最初の小いわし丼の最後のひとつ

      2日続けて最後の1つにありつく幸運。 昨日は今シーズン最後の虎屋饅頭の最後の一個。今日は今年はじめての小いわし丼の今日入荷分の最後のひとつ。 場所は新宿の瀬戸内料理の酔心のこと。 毎年、春になると瀬戸内海から飛んでくるカタクチイワシ。大き...

    • 安芸路酔心で牡蠣三昧

      セプテンバーになって二度目の土曜日の今日。 「R」の付く月となれば牡蠣を食べたいなぁ…、とそれで新宿の安芸路酔心にやってくる。 広島に本店のある瀬戸内料理の専門店。 広島といえば日本最大の牡蠣の生産地。全出荷量の65%近くが広島産。2位は...

    • 安芸路酔心、ふぐかき三昧

      夜、体をあっためてくれるものを…、と思案した。 しかも季節のモノでお腹を満たしたいとも思い、ならば河豚とか牡蠣だよなぁ…。 場所は新宿。 ならばココがよかろうと、安芸路酔心にやってくる。 広島料理のお店です。 今年は念願の「大人の修学旅行・...

    • 伊勢丹会館 安芸路 酔心 新宿店

      伊勢丹会館 安芸路 酔心 新宿店 牡蠣食べシリーズ 第63話  こちらのオープンは1966年。子供の時分に、生まれてはじめて、牡蠣というものを食した思い出がある懐かしい店、当時は”釜飯・酔心”みたいなネーミングだったと記憶している。いまなお...

新宿三丁目駅の人気スポット