【千葉ラーメン新店】世界一美味しい小籠包「ディンタイフォン@船橋シャポー3F」オープン記念の桜えびタンメンがめちゃ美味い!

【千葉ラーメン新店】世界一美味しい小籠包「ディンタイフォン@船橋シャポー3F」オープン記念の桜えびタンメンがめちゃ美味い!

2018-02-12 18:08:03

【千葉ラーメン新店】世界一美味しい小籠包が食べられる「ディンタイフォン@船橋シャポー3F」オープン記念の桜えびのタンメンがめちゃ美味い!

2005年のお正月に家族三人と、義理のお母さん、叔母さんの計5名で行った台湾。

http://www.geocities.jp/rockygiants/taiwan0501.html

「台湾ミステリーツアー」こと、
「台湾 健康&グルメツアー」に2005年の1/2から1/4まで家族で行って来ました。

その時の模様はこちらから。

さてその台湾本店「ディンタイフォン」の日本の支店がまさか千葉県船橋市にオープンするとは、人生は分かりませんねえ。

行列待ち。

カウンターで待ちの番号をもらいます。

自分で、オーダーを決めておくスタイル。

なかなかドリンク類はええお値段ですね。

1088番は25分待ち。

なるほど、待ちの人数で、番号が別れています、合理的。

これならあと何分?などと、イライラすることもないかも。

ディスプレーは日本的。

開店祝いのお花も多数。

25分弱待って、店内へ。

奥にも席があります、すべてテーブル席のみ。

円卓はないのも日本的かも。

シャポー船橋店開店記念メニュー、桜海老と春キャベツのタンメンと、桜あん入り小龍包のセット。税込2300円を注文。

小龍包の美味しい食べ方も案内されていますね。

ジャスミンティーポット。

この辺は本店同様。

セットの前菜が着ました、もやしに鶏肉。

小龍包は2種類、まず普通の肉小龍包が到着。

蓋を取って良いですか?と聞かれましたので、ちょっと待っって!と撮影、蓋あり。

続いて蓋を取った写真。肉の小龍包が4個鎮座。

熱々のうちに、食べてくださいとの事。

きっとカミさんやタッキーでは無理かも、猫舌なので。

でも懐かしい、

今から13年前の2005年のディンタイフォン本店では、まだ4歳のタッキーが大人の分を食べてしまい、周りを笑いの渦に巻き込みました。

そんな楽しい記憶が蘇る、思い出深い小龍包。

また本場にも行ってみたいなあ。

ほら肉汁が溢れますよ〜美味しい!

続いて春キャベツ、桜海老のタンメンが着どん!

結構サクサクの桜えびがたっぷりですね。

麺は細めでサクサクした中華麺。

それにしてもこのタンメン、美味しい!柔らかくて美味しい春キャベツの素材の良さが秀逸。

出汁がさらに美味い!さすが世界一美味しい小龍包が食べられるお店ですね。麺類も最強!

店内はかなり混んでおりまして、30分近く待って、最後のメイン、

色っぽい〜桜あんの小龍包が到着。

なんか待ちくたびれましたが、でもこのビジュアルは日本ならでは。

これはジャパンオリジナル小龍包で良いですね。

中が桜のあん。

こんな小龍包は初めて。

縁起が良いですね。

ご馳走様でした。

これはすっごいお店が船橋にオープンしましたね。

また来ます!

ブログ記事を読む

ブログ概要

ROCKY MUSEUM (館長日記)

HPラーメン&いちかわ・ミュージアム館長のロッキーのラーメンをはじめとした食べ歩き〜ファミリー・ライフ・ブログです。

最新記事

ブログマップでこのブログをチェック!