新橋焼きとん 浅草橋店 (焼きとん:浅草橋) 焼きとん後進国・大阪の平均より低い焼きとん

新橋焼きとん 浅草橋店 (焼きとん:浅草橋) 焼きとん後進国・大阪の平均より低い焼きとん

2018-01-21 00:01:00

「新ばし しみづ」で満腹となり、ラーメンなどはとても入らない。

東京流儀のチューハイを呑もうと新橋で何軒か回るが、どこも満員。

入れそうな焼きとん屋はあったが、煙モクモクの店。
スーツを着ていて明日もあるとなれば、ちょっと躊躇してしまう。

新橋を諦め、横須賀・総武快速線で馬喰町へ戻る。

電車に興味のない関西人は「快速線・緩行線」はプチパニックに陥るだろう。
複雑に入り組んだ路線図を少しでも覚えれば、路線選択肢の多い東京はとても便利。


宿で着替え、馬喰町・浅草橋界隈でチューハイを求めて彷徨う。

ホッピーを置いてあると分かる店は溢れかえっているが、
瓶炭酸のチューハイを呑めるかどうか、さすがに外観では分からない。

そんな中、チェーン店の焼きとん屋が目に留まった。
焼きとんなら、期待できるのではないかと。


カウンター席に腰掛け、とりあえずの黒ホッピー。
3冷ではないが、とりあえず良しとしよう。

たまたま隣客がチューハイを頼んだ。
厨房を見ていると、アサヒビールのサーバーから注いでいる。

アサヒであれば求めるものとは違う、甘ったるいタイプだろう。
おまけに氷後入れのオペレーション、すぐに温くなる。


チューハイを諦め、焼き台を見ていると焼き手の所作は適当を超越している。

絶望感を深めたところで、ハツとシロが出てきた。

焼きとん後進国の大阪でも酷いと分類される水準だ。
中途半端な焼きだから、所々がグニャリとして気持ち悪い。


焼きとんは駄目だと判断して、上塩タンを頼む。

焼いているところを見て、出てくる前に1ミリも期待できないと確信したが、
それを上回ってくる低レベルに少々驚いた。

クセに満ち溢れたタンを、中途半端に焼き上げれば、
かくも酷い代物が完成するのか。

ほぼ残してお会計。

安いチェーン店に文句をつけるのはどうかとは思うが、
オペレーションがあまりにも酷いのであえて書くことにした。

バイトの女の子が串カツを揚げていたが、
客に出す食べ物を作るのではない所作であり、
頼まなくて良かったと心底安心した。

こういうオペレーションしか出来ないのであれば、
ガラス張りの厨房にせず、大箱チェーン居酒屋のように隠すべきではなかろうか。
(無論、まともな調理をするのがベストであるが)

雰囲気を出すためのガラス張りかもしれないが、調理手順の酷さだけでなく、
清潔感の欠片も感じられない食材の保存・保管など見たくないものが次々に見えてくる。

たとえチェーン店であっても、ここまで酷いは久々の遭遇だ。

<江戸下向 平成29年>東京駅 斑鳩 (ラーメン:東京駅)新ばし しみづ (鮨:新橋)文殊 馬喰横山店 (立ち食い蕎麦:馬喰横山)鮨 太一 (鮨:銀座)鶴八分店 (鮨:新橋)【訪問時期:2017年11月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
  



 



新橋やきとん


関連ランキング:焼きとん | 浅草橋駅、馬喰町駅、馬喰横山駅













ブログ記事を読む