淡路町「AKL あから(立ち飲み)」もろみ味噌の冷奴に舌鼓!2015年ニューオープンのカレーなる酒場 | AKL CurryBowl & Drink

淡路町「AKL あから(立ち飲み)」もろみ味噌の冷奴に舌鼓!2015年ニューオープンのカレーなる酒場

2016-02-11 20:32:55

カレーなる酒場「AKL あから」

「AKL あから」は、2015年11月にオープンしたばかりのカレーなる酒場。昼はカレー屋、夜は立ち飲みになる、いわゆる二毛作店。ちなみに正式名称は「AKL CurryBowl & Drink」。

この日は御徒町⇒小川町界隈ではしご酒。2軒目に訪れたのは赤提灯に吸寄せられたこちら。

場所は淡路町駅のA2出口から徒歩5分足らずであろうか。神田駅からも徒歩10分足らずで行けちゃいそうだ。キレイな店構えだし、外から中の様子が覗えるので入りやすいね。

「カレーなる酒場」というネーミングに惹かれた。

10名入れるかどうかの店内は、カウンターとテーブルがあり、基本立ち飲みだけれど数脚イスもあったりして座れる。オープンしたばかりでキレイだし、木を基調としていてやわらかい雰囲気だから、女性1人でも入りやすいね。

早速、カウンター前に立つとオーナーのお兄さんがおしぼりを出してくれた。

この日の客層は、職場が近くだという3~50代のサラリーマンやOLさん。皆さん気さくで適度に和気藹々としており、居心地がいい。

おひとり様の味方とも言えるテレビも設置されている。

さて、何にしようかな

価格はわかりやすい税込み表記。一部座れるけれど、お通しや席料云々は発生しない。

お酒は、生ビール、角ハイ、ホッピー、酎ハイ類、日本酒、焼酎などが並んでおり、価格は400円程度。

立ち飲みと考えると少々お高めな印象ではあるけれど…オシャレな雰囲気だし一部座れるので妥当かな。ホッピーをチョイス(中は200円)すれば、お酒2杯、アテ1品=1000円でいけそう。

アテは乾き物から冷奴まで並んでおり、価格帯は300円と400円の2種類。

昼はカレー屋、そしてカレーなる酒場ということなので、アテにカレーがあるのかなと思ったのだけれど…ないのが残念。(今後、導入を検討するかもしれないとのこと。)

お酒がすすむもろみ味噌冷奴とキーマカレーでグビっと!

▼角ハイボール@400円

微炭酸でややウイスキーが濃い目。

▼もろみ味噌豆腐@400円

神田のお豆腐屋さんから仕入れているというお豆腐の冷奴。もろみ味噌と紫蘇だけで豆腐を食べるのは初めて!もろみ味噌の濃厚さと豆腐が良く合うなぁ。そしてこのお豆腐、大豆の旨みと甘さが感じられて美味しい。豆腐×もろみ味噌の組み合わせ、今度自宅でマネしてみよう。

あっ、お酒のチョイス…日本酒とか焼酎とかにすればよかったな。

▼キーマカレー@サービス

常連さんの一声で、有り難くサービスで出していただいたキーマカレーは、ランチと同じものなんだとか。(わざわざ温め直してくださって、ありがとうございます。)スパイシーかつトマトの酸味がきいていて美味しい。そしてハイボールとも好相性だから、ゴクゴクすすんじゃうね。

豆腐とも良く合う!この食べ方気に入った。

お会計

1人で1200円ほど

※角ハイ2杯、冷奴
※座りでお通し・席料無し
※ホッピーならせんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

誰かと軽く会話しながら飲みたい時に!

適度に和気藹々とした雰囲気の中、美味しい冷奴やお兄さん特製のキーマカレーで一杯できて満足です。

また、会話をしつつも適度な距離感だったので、自分のペースで飲むことができました。オーナーのお兄さんも気さくなので居心地がよかったです。そして、キレイでやわらかい雰囲気なので、女性のおひとり様でも入りやすいと思います。狭いので、1~2人来店がベストなお店ですね。

お兄さん特製のキーマカレー美味しかったなぁ。ぜひとも通常メニューで置いて欲しいです。カレーをアテにちょっと一杯したい呑兵衛はたくさんいるハズ…お兄さん、ぜひともお願いします!(←お節介でごめんなさい。)

またこの界隈に行ったら立ち寄りたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★★☆

ランチカレーいつか食べに来たいな。

関連ランキング:カレーライス | 淡路町駅、小川町駅、新御茶ノ水駅

ブログ記事を読む

このブログに登場するスポット

淡路町駅の人気スポット