比叡山 弦喜そば | 延暦寺 | 宝珠山立石寺

比叡山 弦喜そば

2014-04-12 11:53:01

今日は「2014京都観桜旅行其の壹」です。
おとぼけ夫婦恒例の春の京都観桜旅行の季節となりました。
ブログ上では今年で7回目になります。
ブログを書く前からも京都にはかなり行っていました。
To be honest・・・
もう行くこところはないではないですか、と心の中で思いながらその言葉を奥様に言わずにのみ込む、そうなのです「男は黙ってサッポロビール」なのです。
ちょっと古いですね。

梶井基次郎は「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」
「桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ」と言って言いました。
屍体はともかく桜には人の心を惑わす何かがあります。
桜は、人の心をふくよかにし心をとろけさせます。
桜の持つ魔力とでもいうのですか、この一種独特の蠱惑(こわく)感に魅せられる女性の気持ちはよく分かります。
もしかして桜は女性の願望の化身かもしれません・・・

今回の往京はめずらしくというか、私達にとって初めてなのですが雨の京都になりそうです。
京都近郊の降水確率は二日間とも70%の高い値を示しています。
気象情報の正確さを信じている私としては、行く前から意気消沈していたのです。
言い換えればヘジって行きたくないモード全開なのですが、仕方ないですね2ヶ月前からすべてのitineraryは決めていましたので。
受けてたちましょう「雨の京都」を、これもまた一興であります。

■京都観桜情報





私達の京都観光をする場所は実は私が決めているのではありません。
すべて私達が利用するレンタルチャリ屋の主任の情報に基づいて決めています。
そのために万が一予定していた土日の桜が3分咲きとかあるいはその真逆の葉桜とかいう事態を避けるために予備週を含めて宿泊施設は予め2回に分けて取っています。
そして決定週が決まった段階でホテルはキャンセルしているのです。
従いまして桜の見ごろの外れはないのです。
今回も京都に着いてからレンタルチャリ屋の主任と打合せして観桜の場所を決めました。
前置きがながくなりました。
この画像はレンタルチャリ屋の主任への手土産です。
今回の手土産は東京ばなな「がぉー」でした。
色が鮮やかですね・・・

■日本一長いケーブルカー









いきなり京都にはいきません。
朝早い新幹線に乗った私達は最初の目的地である「比叡山」を目指しました。
比叡山にいくには昭和2年開業の日本一長いケーブルカーで出発駅坂本駅から到着駅の延暦寺駅に向かいました。
電車を待っている間、外国人に話しかけられたので雑談をしていました。
その外国人はHawaiiからきた方で、以前から「延暦寺」に興味を持っていて、はるばる来たそうです。
なにやら寺内の宿坊に泊まるとか、奇特な外国人もいるものです。

もうすぐ到着駅です。
眼下に見下ろす琵琶湖がキレイです。






■比叡山

比叡山の開創は788年です。天台宗の開祖である最澄が、 山内に寺院を建てたのがはじまりです。
やがて朝廷から開創時の年号「延暦」の名を賜り、 日本仏教の基盤をつくりあげました。
1994年、世界文化遺産に登録されたのです。
この「世界文化遺産」に奥様は反応したのです。
どうやら『「世界文化遺産」はみなければいけない』と言う法律が我家にはあるみたいです
京都と滋賀の県境にまたがり、南北に峰をのばす比叡山。この巨大な山全体が寺域であり、いくつもの谷や尾根を活かしてつくられた「東塔(とうどう)」「西塔(さいとう)」「横川(よかわ)」の3地域を あわせて比叡山延暦寺と呼びます。周囲およそ100キロメートルにもおよぶ、日本仏教の一大聖地です。


比叡山延暦寺山門です。


入ってすぐにわかったのですが
To be honest・・・it is too wide!
あまりに広すぎてどこをどう観たらいいのか分からくなりました。
それに追い打ちをかけるように雪が舞い落ちてきて、心も体もひえいざんになってきました、どうしませう。
前途多難であります。


結局「東塔(とうどう)」「西塔(さいとう)」「横川(よかわ)」地域の中から、手近な東塔地域を観る事にしました。






東塔内の頂点、根本中堂です。
根本中堂は、延暦寺の総本堂にあたります。
現在の建物は、徳川三代将軍家光により再建され寛永19年(1642年)に造営が完了しました。
国宝に指定されています。
根本中堂は今まで観た寺社の中で一番荘厳の空気を感じました。


比叡山延暦寺には、「不滅の法灯」と言われる小さな火が、1200年以上も途絶えることなく今も燃え続けています。
これは、最澄が自らの手で彫った薬師如来に灯火を捧げたのが由来とされています。
この灯火に、最澄は歌を詠み、この光に後の世まで永遠に照らして欲しいと思いを込めたようです。
実はこの灯火、信長が寺を焼き討ちにしたときに一度消えています。
しかし、山形の「立石寺」という山寺に分灯されていたものを分けることによって、再び最澄の灯火を復活させています。1200年という気の遠くなるような長い間、決して消えることのないように毎日菜種油を注ぎ足し、火を守り続けている僧たちの緊張感と苦労を思うと、頭の下がる思いがします。
これを司馬遼太郎先生は「伝統」という言葉で言い換えています。




大講堂です。
僧侶が法華経の講義を聞きお互いに問答する学問修行の道場です。






大講堂の前庭にある平和の鐘(開運の鐘)です。
奥様がまるで大晦日のendinng状態というほど、この鐘の音が鳴りやみません。
関西だけに「二度突き駄目」との注意書がありました。
一突き50円です。
ちなみに画像に写っているのは私ではありません。



 
阿弥陀堂です。比叡山開創、1150年を記念して1937年に建立された先祖回向の道場です。



本尊の阿弥陀如来です。

他にも色々な処を拝観したのですが、キリがないのでこの辺りで止めおきます。
ということで本日のランチですが、なな何とこの比叡山には予約なしで食べられるところは一か所のみでした。
要は選べないというか・・・もしなかったら麓(ふもと)まで降りねばならず、あるだけありがたかったのです。
今日のお店は「弦喜そば 比叡山」大講堂店さんです。

住所: 滋賀県大津市坂本本町4220 奥比叡無料休憩所
電話:077-579-0335
定休日:無休






お店の外観です。
なぜか仏像の歓迎を受けて地下のお店に降りて行きます。


店内の雰囲気です。
店内は私達夫婦だけでした。
なんでだろう、他の観光客の皆さんは、多分麓(ふもと)で済ませてきているのでしょうね?


メニューです。

今日のオーダ
私は「門前そば」@780円です。
奥様は「比叡山そば」@730円です。

待つこと8分で到着です。
見た目いずれも美味しそうです。


それでは実食です。
両方とも蕎麦のレベルが高いです。
そして私の頼んだ「門前そば」は想像以上に美味しいのです。
日頃の信心のご利益(りやく)でしょうか・・・


奥様の「比叡山そば」は関西風の薄口出汁がイケています。
奥様は食べながら今関西にいる事を実感したようです。
これまた結構でした。

■番外編

今日のsweetsはお抹茶セット@550円です。
売店で求めたのをストーブが炊いてある無料休憩所まで運びいただきました。
ごま大福が秀逸です。
ごまの美味しさを堪能しました、すごく美味しいです。
しか~し4月の初旬だというのにストーブをガンガン炊いてるって、延暦寺ってすごいところにあるのですね。


ここから直行バスで京都に向かいます。
天候は雪空から太陽がでてきてなんとなく今日の天気は持ちこたえそうです、




車窓から景色を眺めながら約1時間で京都につきました。
其の貮もお楽しみください。

それでは(^_-)

ブログ記事を読む

このブログに登場するスポット

  • 延暦寺

    延暦寺

    滋賀県大津市坂本本町4220

    京都と滋賀の県境に位置し、西に京の都、東に琵琶湖を望む幽幻の地に立している延暦寺。 多くの高僧たちを輩出しており、今もなお修行道場として厳粛な雰囲気に溢れている。比叡山全山を境内とし、山中に百数十の堂や伽藍が点在する。国宝・重文を多数所蔵し、ユネスコの世界遺産にも登録されている。 大晦日から元旦にかけては、「修正会」「鬼追式」「除夜の鐘」など、一年の除災招福を祈る行事が行われ、比叡・奥比叡の二つのドライブウェイが終夜営業される。 比叡山から見る初日の出は格別に美しい。

    ▼ 延暦寺に関するブログ記事

    • 〇〇が42度!?枚方から日帰りで行ける避暑地で大自然と巨大なお寺をはしごして満喫してきた。比叡山延暦寺編【ひらつーコラボ】

      13:55 ガーデンミュージアム比叡ガーデンミュージアム比叡、お花いっぱいで楽しめましたねー!楽しかったなー!いい写真いっぱい撮れたし満足っすそれに、比叡山はやっぱり涼しいですね〜安定の29度!比叡山は枚方より何度低いのか調べにやってきたパ...

    • 不忍池に胡弓の調べ

      朝、ルノアールカフェ。ルノアールとルノアールカフェの違いがよくわからないけどこの店、全席禁煙でした。 サラリーマンの最期の牙城のひとつがこうして未来に一歩、踏み出した。 悪いことじゃないなと思う。とはいえふかふかの分厚いおしぼりは健在で、...

    • 7月27日(金)『「卵」が劣化する4つのNG保存方法!』

      おはようございます☆昨夜の豪雨はなんだったんでしょうか?久しぶりの雨でした。ちょっと涼しくなったような気が…。『「卵」が劣化する4つのNG保存方法!』1:冷蔵庫のドアに備え付けられている卵ケースで保存2:冷凍保存3:冷蔵で売られていた卵...

    • 京都市街地と琵琶湖の夜景を堪能

      京福電気鉄道は、7月28日(土)から9月2日(日)までの土曜・日曜と8月7日(火)及び8月11日(土・祝)から8月16日(木)までの期間(計17日間)、叡山ケーブルと叡山ロープウェイのナイター運行を実施する。 比叡山麓の八瀬から比叡山頂ま...

  • 宝珠山立石寺

    宝珠山立石寺

    山形県山形市大字山寺4456-1

    かつて松尾芭蕉が訪れ、「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という和歌を詠んだことでも有名な山形の観光名所・山寺。正式名称を宝珠山立石寺といい、860年に慈覚大師が開いた天台宗の霊山である。 入山して正面にある、日本最古のブナ材の建築物・根元中堂から始まるお堂の数々や、門に仏像、そして、荘厳な雰囲気の中で広がる四季折々の自然に対する感動は、登った人にしか味わえない。 年間を通して観光客が絶えないが、年末年始になるとより多くの人が訪れる。三が日の初詣客による賑わいはもちろん、大晦日の夜には、除夜の鐘を打ち新年を迎える準備を始め、納豆汁、玉こんにゃくの振る舞いなども用意。先着108名には干支の記念品も。 開運、交通安全、学業成就といったご利益があるという。

    ▼ 宝珠山立石寺に関するブログ記事

    • 覚王院義観の墓(谷中霊園に眠る幕末の有名人⑭)

      覚王院義観の墓(谷中霊園に眠る幕末の有名人⑭)  谷中霊園に眠る幕末の有名人の第14回は覚王院義観について書いておきます。 覚王院義観については、私は「彰義隊」(吉村昭著)でその存在を知りました。  覚王院義観は、寛永寺の執当でしたが、...

    • 立石寺

      県外のお客さんをご案内のため、1年と3ヶ月ぶりの山寺へ すっかり雪も溶け、杉の花粉が飛びまくり~ 運動不足の身体に1015段の石段は、かなりの虐待。 山形が誇る宗教、文化の貴重な山寺ですが、正式には「宝珠山立石寺」であり 天台宗の...

    • 山形県 山寺立石寺~その弐

      |Юヾ(・∀・*川 オジャマシマース 昨日、その弐を書いてたらPCが異常を起こし・・・ 記事が何処かに疾走してしまいました。 どうぞ皆さん失笑して下さいww では行きましょう^^ 「グルグル紀行・快段編」 せみ塚 ...

    • 山形県 山寺立石寺~その壱

      皆さん(*´;д;)ゞだだいまぁ~ 11月1日夜から二泊三日で山形・福島方面へ旅して来ました。 しばらくは旅の話をしますのでお付き合い下さい 「グルグル紀行・そうだ東北へ行紅葉!」 ー●○●ーおだんご(★^ω^)今年2回目の東北への...

この記事のスポットが取り上げられているガイド

関連特集