引越しの手続き

引っ越しが決まったら住所変更を始め必要な手続きがたくさんあります。漏れがないようチェックリストを作って1つずつ終わらせていきましょう。

転出・転入の役所への届け出

住所変更して住民票を移動します。「転出証明書」は旧住所の市区町村役場で貰えます。2週間前から転出可能な所が多いようです。この「転出証明書」を引越し後14日以内に新住所の市区町村役場へ提出し転入届を行ってください。市区町村役場が遠い場合支所を探すと良いでしょう。手続きは本人または世帯主、代理人の場合は本人または世帯主からの委任状および委任者の本人確認書類のコピーが必要です。

国民健康保険の資格喪失届

旧住所の市区町村役場で手続きできるため転出届と一緒に行うと良いでしょう。必要書類として保険証、印鑑、本人確認書類が必要です。

インフラ(電気・水道・ガス)

電気・水道・ガスの各社に使用中止の連絡をします。引越し先の開通手続きも一緒にできることがあります。引っ越しの一週間前が目安です。電話・インターネットプロバイダー、新聞なども住所変更の手続きが必要です。

運転免許証

同一県内の引っ越しの場合免許証と新住所の住民票を持って警察署で住所変更してください。都道府県をまたぐ引っ越しの場合免許証が作り直しになるため写真も必要です。

自動車とバイクの引っ越し

身分証としての運転免許証の手続きとは異なり車検証の住所変更、「自賠責保険・自動車任意保険」の住所変更、車の場合新住所での車庫証明も必要です。新住所での住民票が必要ですので引越し後の手続きになります。

銀行やクレジットカード、生命保険

銀行やクレジットカードの住所変更は引越し後でも大丈夫です。住民票の有無など必要書類の漏れがないようリスト化しておくと便利です。

引越し料金を安くするポイント

引越し料金は条件次第で変わってきて相場通りになるとは限りません。業者によって様々な見積もりが出てきて数万円の差が出ることもしばしばあります。どうしても繁忙期を避けられない、少しでも安くしたいのであれば一括見積もりを依頼して複数業者の見積もりを比較検討することが大事です。