引越し準備、上手な荷造りのコツ

引っ越しが決まったらまず業者を決めましょう。安くするなら自分たちで荷造りを進めることになりますが意外と準備がかかるもの。当日まで準備が終わらない、作業時間が遅れ追加料金がかかる原因になります。ダンボールに詰めるだけではない荷造りのコツをまとめました。

まずは荷造りの準備

荷造りに必要なのはダンボールだけではありません。手を切らないように軍手、雑誌をまとめるのにロープなど色々必要なもの。やる気はあるのに「ガムテープがないからできない」で止まってしまわないよう最初にまとめて準備するのがおすすめです。

ダンボール 本など重いものは小さな箱、衣服など軽いものは大きなダンボールに。
軍手 すべり止め付きの軍手は数百円〜。汚れたら交換、手伝ってもらう人の分など複数枚用意を。
カッター、はさみ 梱包や不要物の処分などに使います。
ガムテープ 丈夫な布テープがおすすめ。手で切れるタイプもあります。
セロハンテープ、
ビニールテープ
ケーブル類を仮止めするのに便利。放置するとベタつくので一時的な処置と考えましょう。
新聞・チラシ、プチプチ 割れ物の梱包に。プチプチはAmazonでエアークッション、エアーキャップ、包装緩衝材などの名前で検索。
マジック、油性ペン 梱包したダンボールに中身を書く。人数分用意。
ビニール袋、輪ゴム 衣類や雑貨を放り込んでまとめるのに便利です。
ドライバー、工具 組み立て式家具の解体など一セットは用意しておきましょう。

大手の引越し業者では荷物量を見積もってダンボールやテープなど一式サービスしてくれる所が多いです。ダンボールやエアークッションなど自分で用意すると大変ですがAmazonで購入すれば自宅まで持ってきてくれて便利です。また引越し業者はキッチン用や布団袋など特別な梱包材を持っているのでお任せするのも手です。

荷造りのコツ

荷造りの準備ができたら、梱包に入ります。本のような重いものは小さなダンボールに入れるなど荷造りには定番のコツがあります。スムーズに進める段取りとして以下の原則が挙げられます。

使わない季節物などを先に、すぐ使うものを後に

衣替えした洋服に来客用の布団、押入れの中身など数ヶ月使わないものから梱包します。洗面用具や食器、当面の着替えなど引っ越して数日の間に使うものを梱包してしまうと日常生活に困るので後にします。

玄関から遠い部屋を先に、近い部屋を後に

荷造りは早めに進めたほうがいいとはいえ引越し当日までの日常生活を考えなければなりません。玄関にダンボールが積み重なり窮屈な生活をするよりは奥の部屋から片付けていきましょう。

重いものは小さなダンボールに、軽いものは大きなダンボールに

ダンボールに隙間があると詰め込みたくなりますが、本は意外に重いものです。ダンボールの強度や持ち上げられるかなどもありますので重いものは小さい箱が原則です。

割れ物の梱包方法

Sサイズの小さなダンボールを使用します。緩衝材としてダンボールの底に丸めた新聞紙を入れていきます。お皿は新聞紙に包んで重ね、ダンボールには立てて入れます。コップや茶碗は伏せて入れます。大きい物・重いものが下、軽いものが上段になるようにします。左右で重さが偏らないよう調整し、段と段の間や隙間にも新聞紙を丸めて詰め、固定します。

冷蔵庫・洗濯機・TV・PC

冷蔵庫は前日までに中身を空にして電源を抜き扉を開けておきます。霜が溶け出すこともあるので冷蔵庫は掃除しましょう。

洗濯機には水抜きが必要です。水道の蛇口を閉めてドライコースで数分、更に洗濯機の脱水を

TV・PCの配線は自分でケーブルを抜いておけばOK。配線が不得意な人は有料オプションを頼みましょう。

引っ越しのコツ、まずは要らないものを分類!

粗大ゴミなら役所、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、パソコンなら購入店などに廃棄依頼が必要です。

衣装ケース

衣類、ぬいぐるみ、おもちゃなどの軽くて壊れにくいものは入れたままでOK。引き出しだけガムテープで固定します。食器や硬いものはダンボールに詰めなおしましょう。

荷造りはいつからやる?

引っ越しは要らないものを減らす良い機会です。荷物が減れば荷造りも少なくて済みます。書類や雑誌、着ていない服など引っ越しが決まったらすぐ捨て始められます。今日はこのブロック、明日はあの部屋、と目標を決めると良いでしょう。一般に一週間前が荷造り作業の山場となります。

それでも引越し料金を安くするポイント

繁忙期を避ける、平日にする、時間指定なしにする、オプションを頼まずできるだけ自分で作業するなどが基本になってきます。例えば午前指定は一番混むため時間指定なしにして午後引越しにすることで安くなる場合があります。

引越し料金は条件次第で変わってきて、上記の目安通りになるとは限りません。業者によって様々な見積もりが出てきて数万円の差が出ることもしばしばあります。どうしても繁忙期を避けられない、少しでも安くしたいのであれば一括見積もりを依頼して複数業者の見積もりを比較検討することが大事です。