引越しの雑学について

就職、進学、転勤、結婚など様々なきっかけで引越しが必要になります。あなたが以前引越ししたのは何年前でしょうか。引越しの相場や手続きをスラスラと言える人は少ないように思います。最新事情を収集して後悔のないお得な引越しをしたいものです。

「引越しの雑学」は引越しを考えている人にわかりやすい情報を提供したいと考え、立ち上げました。皆様の参考にお役立てください。

「引越しの雑学」目次

引越し料金の相場と料金の目安

引越しの料金は主に「荷物の量」「移動距離」「引越しの時期」で決まってきます。相場観を押さえて業者との交渉にも心の準備をしておきたいですね。引越しの繁忙期は人の移動が多い3〜4月、オフシーズンは5月〜2月になります。

荷物の量

ダンボールの数あるいはベッドなど大物家具の数などで見積もりますが大雑把には一人暮らしの単身、2人(カップル、夫婦)、それ以上で分けられます。荷物が多ければトラックの台数やスタッフの人数が増えることになります。

移動距離 単身 2人家族 4人家族
市区町村内(20km以内) 3万円〜4万円 6.5万円 10万円
都道府県内(50km以内) 3.2万円〜4.4万円 7.5万円 10.1万円
同一地方内(200km以内) 4.2万円〜4.4万円 8.1万円 13万円
遠距離(500km以内) 5.5〜7万円 11.5万円 11.2万円

移動距離

移動距離と荷物の量で決まる「基礎運賃」は国土交通省の標準引越運送約款や業者の約款によって算出されるため業者によって大きな差は出ません。

引越しの時期

入学・卒業、就職・転勤など3〜4月は引越しが集中します。単身なら5000円〜、家族だと数万円平均価格があがります。

移動距離 単身 2人家族 4人家族
市区町村内(20km以内) 4万円〜5.5万円
(+1万円〜)
8.5万円
(+2万円〜)
12万円
(+2万円〜)
都道府県内(50km以内) 4万円〜5万円
(+5000円〜)
9.5万円
(+2万円〜)
13万円
(+3万円〜)
同一地方内(200km以内) 5.2万円〜6万円
(+1万円〜)
11.3万円
(+2万円〜)
21万円
(+8万円〜)
遠距離(500km以内) 6.3〜7.7万円
(+5000円〜)
14万円
(+3万円〜)
24万円
(+10万円〜)

それでも引越し料金を安くするポイント

繁忙期を避ける、平日にする、時間指定なしにする、オプションを頼まずできるだけ自分で作業するなどが基本になってきます。例えば午前指定は一番混むため時間指定なしにして午後引越しにすることで安くなる場合があります。

引越し料金は条件次第で変わってきて、上記の目安通りになるとは限りません。業者によって様々な見積もりが出てきて数万円の差が出ることもしばしばあります。どうしても繁忙期を避けられない、少しでも安くしたいのであれば一括見積もりを依頼して複数業者の見積もりを比較検討することが大事です。