東京・神奈川・千葉・埼玉のモンブランが美味しいお店~2018年版

秋になると食べたくなるスイーツ、モンブラン。名前の由来はアルプス山脈のモンブランであり、フランス語で「白い山」を意味しているそう。この秋食べるべき本当に美味しいモンブランをご紹介します。

2018.9.19 Wed 更新 | 全24件 | Views

  • 銀座コージーコーナー 有楽町店

    金土日祝日限定での販売となる「熊本産和栗のモンブラン」は、上品な甘みと香り、ほんのり渋みが特長の熊本産和栗をクリームとムース、トッピングにも使ったモンブラン。栗本来の自然な甘みとコクを引き立てるため素材の配合バランスが絶妙。マカダミア入りホワイトチョコフレークが食感のアクセントに。
    販売期間:2018年発売中~10月末予定
    価格:1,400円

    銀座コージーコーナー 有楽町店

    東京都中央区銀座2丁目1 GINZA INZ1 1F
    地図

    詳細情報

  • アンテノール 東京大丸店

    アンテノール 東京大丸店

    神戸生まれのパティスリー「アンテノール」では、秋限定のデセール菓子として、「モンブラン ドゥ アッシュ ~マスカルポーネと栗の共演~」「和栗のモンブラン」を発売。※写真はモンブラン ドゥ アッシュ

    ◆モンブラン ドゥ アッシュ ~マスカルポーネと栗の共演~
    ヨーロッパの最高峰「モンブラン(白い山の意味)」から名づけられたお菓子を、マスカルポーネムースのまろやかさ、栗のコク、カシスの酸味の絶妙なハーモーニーで新たに表現。栗のクリームブリュレ、マロンクリーム、栗のアーモンドケーキと3 つの栗の味わいを重ね奥行きを表現。
    期間: 2018年9月1日(土)~12月18日(火)
    価格: 864円(本体価格800円)

    ◆和栗のモンブラン
    高千穂ひのかげ栗の風味豊かなクリームとほうじ茶のクリームブリュレを香ばしいガレットにのせて。絶妙な香りのハーモニーがたまらない。
    期間: 2018年9月1日(土)~11月末予定
    価格: 税込 681円(本体価格630円)

    アンテノール 東京大丸店

    東京都千代田区丸の内1-9-1
    地図

    詳細情報

  • 東京洋菓子倶楽部(トウキョウヨウガシクラブ)

    中に絞ったクリームは、バニラビーンズを贅沢に使用したカスタードクリームと生クリームを1:1で合わせている。隠し味として生クリームから作ったリキュールを加えて、芳醇な香りもプラス。土台はたっぷりの玉子を使ったふわふわのロールケーキ。バターを一切使わず、代わりにコレステロール0%の「グレープシードオイル」を使用して、ビタミンEとオレイン酸が豊富でローカロリーに仕上げている。仕上げにはマロンのペーストを薄く伸ばしたものをかぶせ、ボリューム満点なのに、しつこくないのが特徴。

    東京洋菓子倶楽部

    東京都中央区日本橋浜町1-1-12 プラザマーム 1F
    地図

    詳細情報

  • クリオロ 東京本店(CRIOLLO)

    東京都23区のベストモンブランにも選出された「クリオロ」のモンブラン。土台はサクサクのメレンゲ。チョコレートがコーティングされているため軽い食感がキープされている。マロンクリームの中にはマロンムースやラム酒のクリーム入り。

    クリオロ 東京本店

    東京都板橋区向原3-9-2 サントスビル 1F【豊島区要町3-9-7より移転】
    地図

    詳細情報

  • 和栗や

    和栗や Photo by suikasuki

    一般的なモンブランに使用されている香りづけのお酒、香料等は一切加えず、2種類の和栗ペーストで優しい味わいに仕上げたモンブラン。注文を受けてから作るので、和栗使用100%、本来の繊細な香りが楽しめる。
    また、秋限定のプレミアムモンブラン「モンブランHITOMARU」が、生産量が少なく希少な品種「人丸」のみを贅沢に使っている。雑味がなく、上品な風味が味わえる逸品。例年9月下旬~12月初旬頃の販売。
    その他、9月初旬〜10月中旬頃の数量限定「新栗甘露&ミニモンブラン」もおすすめ。穫れたての新栗を、糖蜜に短時間さっと絡ませた栗甘露。この季節ならではの新栗の風味、ホクホク感が味わえる。

    和栗や

    東京都台東区谷中3-9-14
    地図

    詳細情報

  • ラ・ローズ・ジャポネ(La Rose des Japonais)

    金町にあった「ラ・ローズ・ジャポネ(La Rose des Japonais)」が亀有にある香取神社境内に移転オープン。シェフパティシエ五十嵐宏氏パティスリーが作り出すモンブランは、マロンクリームのなめらかな舌触りで、ふわりと栗の芳香がただよう。サクサクとした土台のビスキュイの軽い食感がアクセント。全体に繊細で上品な仕上がり。

    ラ・ローズ・ジャポネ

    東京都葛飾区亀有3-42-24 亀有香取神社境内 内
    地図

    詳細情報

  • リリエンベルグ(lilienberg)

    きれいな黄色いマロンクリームは、収穫したその日のうちに皮をむき、水につけた状態で空輸するというこだわり。ダックワーズを土台として、中は口どけの良い生クリームに自家製の栗のシロップ煮がごろりと包まれている。毎年9~10月の限定販売。   

    リリエンベルグ

    神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17
    地図

    詳細情報

  • ナッシュカッツェ(NASCHIKATZE)

    注文をうけてから作ってくれるモンブラン。土台のメレンゲのさくさく食感を楽しんでほしいと、購入から60分以内に食べることをオススメする。和栗を使用したぽってりとしたマロンクリームが濃厚な味わい。※2018年は9月17日から販売開始。

    ナッシュカッツェ

    神奈川県横浜市青葉区荏田西2-15-1
    地図

    詳細情報

  • パティスリー・アカシエ(PATISSERIE ACACIER)

    パティスリー・アカシエ(PATISSERIE ACACIER) Photo by okudamoi0224

    埼玉県浦和で人気のパティスリー。モンブランはシンプルな構成。無糖の生クリームに洋酒が香るマロンクリームを乗せ、土台はキメの細かいさっくりとしたメレンゲを使用。素材の味を生かしたスタンダードなモンブラン。

    パティスリー・アカシエ

    埼玉県さいたま市浦和区仲町4-1-12 プリマベーラ1F
    地図

    詳細情報

  • パティスリー アプラノス(Patisserie APLANOS)

    モンブランは2種類。定番のモンブランはフランス産の栗の濃厚な風味を生かし、土台にはマドレーヌを使用。和栗のモンブランは、熊本県球磨地方で取れた利平栗を使用して、メレンゲの土台と組み合わせている。和栗のモンブランならではの繊細な栗の風味を損なわないように上品に仕上げている。

    パティスリー アプラノス

    埼玉県さいたま市南区沼影1-1-20
    地図

    詳細情報

24件中 11 - 20件目

関連ガイド