関東の菖蒲園・名所2017【東京・埼玉・神奈川・千葉】

関東の菖蒲園・花菖蒲の名所情報2017。毎年初夏から梅雨入りにかけて見頃を迎える菖蒲。紫や白などしっとりとした雅な色どりが多く、見頃の季節がら雨が多い日々にもよく映えます。菖蒲の時期に合わせて菖蒲園ではおまつりを開催するところもあります。関東【東京・埼玉・神奈川・千葉】の菖蒲の名所をご紹介します。

2012.6.6 Wed 更新 | 全63件 | Views

  • 染谷花しょうぶ園

    毎年6月、一ヶ月間のみ開園する「染谷花しょうぶ園」。約300種類20,000株の花しょうぶが植えられている。6月以外の準備期間で隅々まで手入れが行き届いており、園内は非常に美しい。一時間程度で一通り見ることができるので、忙しい人にもおすすめ。高い場所や花の目の前など、様々な角度から花しょうぶを見ることができる。

    染谷花しょうぶ園

    埼玉県さいたま市見沼区染谷2-248
    地図

    詳細情報

  • 智光山公園

    智光山公園内にある花菖蒲園では毎年6月中旬に、紫、白、黄色など約2,600株の花菖蒲が咲き揃い、美しい景観を楽しむことができる。東京ドーム約11個分の広大な敷地で広々、ゆったり。和やかな雰囲気で、市民の憩いの場となっている。

    智光山公園

    埼玉県狭山市柏原864-1
    地図

    詳細情報

  • 堀切菖蒲園

    6月上旬から中旬に花が見頃となる花菖蒲園で、葛飾区の観光名所の一つとなっている。その他にも、梅、藤、冬桜、牡丹など四季折々の花を見ることができ、一年を通して楽しむことができる。

    堀切菖蒲園

    東京都葛飾区堀切2-19-1
    地図

    詳細情報

  • 小岩菖蒲園

    江戸川河川敷に広がる小岩菖蒲園は、地元の方から寄贈された花菖蒲をもとに、区が回遊式の庭園にしたもので、5から6月に50,000本の花菖蒲が咲き誇り、都会のオアシスとして都内名所の一つになっている。菖蒲田周辺にはフジバカマなどさまざまな野草がみられる。

    小岩菖蒲園

    東京都江戸川区北小岩4丁目先
    地図

    詳細情報

  • 皇居東御苑(江戸城跡)

    皇居東御苑は、旧江戸城の本丸・二の丸・三の丸の一部を宮殿の造営にあわせて皇居附属庭園として整備されたのもの。皇居の東側に位置する東御苑の二の丸庭園の菖蒲田では、6月上旬に花菖蒲が見頃を迎える。菖蒲田の周囲に設えられた歩道を歩くと園内を一周でき、各所からの風景が楽しめる。

    皇居東御苑

    東京都千代田区千代田1
    地図

    詳細情報

  • 浜離宮恩賜庭園

    潮入の池と二つの鴨場を持つ江戸時代の代表的な大名庭園である浜離宮恩賜庭園では、6月上旬から中旬にかけて1,000株のハナショウブが咲き誇る。また中旬から下旬にかけては、スミダノハナビをはじめとする珍しい種類の紫陽花たちが見頃を迎える。

    浜離宮恩賜庭園

    東京都中央区浜離宮庭園1-1
    地図

    詳細情報

  • 小石川後楽園

    水戸黄門こと徳川光圀ゆかりの小石川後楽園では、6月上旬に660株のハナショウブが見ごろを迎える。優美なハナショウブに彩られた小石川後楽園を存分に楽しもう。

    小石川後楽園

    東京都文京区後楽1-6-6
    地図

    詳細情報

  • 明治神宮

    明治神宮

    東京のハナショウブの名所として呼び声高い明治神宮御苑。東京とは思えないほどの自然溢れる景観を見ることができる。6月には花を咲かせ見頃となり、多くの観光客が訪れる。

    明治神宮

    東京都渋谷区代々木神園町1-1
    地図

    詳細情報

  • 水元公園

    都内でも最大規模の水元公園のはなしょうぶ園では、約100品種20万本の花菖蒲が、6月上旬から下旬にかけて咲き競う。この期間、菖蒲まつりも開催され多くの来園者で賑わう。

    水元公園

    東京都葛飾区水元公園3-2
    地図

    詳細情報

  • 水郷佐原水生植物園

    水郷佐原水生植物園は、昭和44年に開園し水郷筑波国定公園の表玄関として水と緑を生かした観光レクリエーション施設だ。約6ヘクタールの園内には伊勢系・肥後系・江戸系など 東洋一を誇る400品種 150万本の花菖蒲と品種数日本一となる300品種以上の花ハスを中心に、水辺の植物を栽培・展示している。

    水郷佐原水生植物園

    千葉県香取市扇島1837-2
    地図

    詳細情報

63件中 1 - 10件目

関連ガイド