日本初の “高級スタバ” 「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」が中目黒にオープン

スターバックスコーヒージャパンは、東京・中目黒に「スターバックス リザーブ ロースタリー東京」を2019年2月28日にオープンした。「スターバックス リザーブ ロースタリー」は焙煎工場を併設したスターバックスの高級コンセプト店舗で、東京は世界で5ヶ所目の店舗となる。

2019.2.28 Thu

  • 店内に焙煎機を持つ新スタイルの店舗

    店内に焙煎機を持つ新スタイルの店舗

    「スターバックス リザーブ ロースタリー」は店内に焙煎機を持つスターバックスの新スタイル店舗だ。2014年のシアトルに始まり、上海、ミラノ、ニューヨークに続く世界で5番目の店舗となる。

  • 設計は隈研吾、目黒川沿いの抜群なロケーション

    設計は隈研吾、目黒川沿いの抜群なロケーション

    外観設計を手がけたのは建築家の隈研吾。内装はスターバックスのチーフデザインオフィサー、リズ・ミューラーが担当した。現地の建築家と一から建物を作り上げるのはロースタリーとしては初の試みだ。

    建物は目黒川沿いにあり、木の温もりあふれる外観は桜並木と調和するようにデザインされている。

  • 魅力的なコーヒー、ティー、ミクソロジーによるのめりこむような体験

    魅力的なコーヒー、ティー、ミクソロジーによるのめりこむような体験

    1階のメインバーでは、生豆から一杯のコーヒーになるまでの過程を見ることができる。「バレルエイジド コールド ブリュー」などのスターバックス リザーブのコーヒーを用いた多彩なビバレッジを楽しめるのも魅力だ。また、同フロアの「プリンチ」のべーカリーでは、手作りの本格的なイタリアンアルチザンブレッドが焼きたてで提供される。

    2階では、世界最大級の「ティバーナ バー」で日本のお茶の伝統に触れることができる。鮮やかなピンクのアイスキャンディをジャスミンティーにトッピングした「ポップン ティー さくら ジャスミン」など、ロースタリー 東京限定のティービバレッジの鮮やかな色彩や日本独自の素材、個性的なフレーバーの組み合わせなど斬新なティー体験が楽しめる。

    テラスのある3階には、日本初上陸となるカクテルバー「アリビアーモ バー」があり、革新的なミクソロジーやクラフトカクテルが味わえる。

  • オープン日にはファンが殺到、入場制限も

    オープン後しばらくの間は混雑が予想されるため入場が制限される場合がある。
    最新情報はこちらからご確認いただきたい。
    https://www.starbucks.co.jp/roastery-0228/

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京

住所:東京都目黒区青葉台2-19-23地図

関連ニュース・ガイド