東京のかに料理が美味しい店

東京でかに料理が美味しい店特集。海鮮の中で冬の味覚として人気の高い「かに」。接待や記念日にも使えるかに会席、ランチでリーズナブルに楽しめるかにチャーハン、かに飯など。東京かに料理が美味しい店をご紹介。

2016.1.7 Thu 更新 | 全11件 | Views

  • DANCING CRAB 新宿店(ダンシングクラブ)

    新宿駅から徒歩5分ほどの場所にある「DANCING CRAB 新宿店(ダンシングクラブ)」。シンガポール発、アメリカ南部ルイジアナスタイルのシーフードレストランだ。蟹や海老、貝などを丸ごとテーブルの上に広げて、手づかみで食べる豪快な料理「シーフードコンボ」が名物。辛さが選べる好きなソースに絡めて、仲間たちとワイワイ食べれば盛り上がること間違いなし。使用する海鮮は鮮度と質にこだわり、季節ごとに一番美味しいものが獲れる産地より仕入れている。大ぶりな本ズワイガニは、身がギッシリとつまり、甘味も充分。

    DANCING CRAB 新宿店

    東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル 2F
    地図

    詳細情報

  • きた福

    赤坂駅より徒歩3分ほどの場所にある活かに専門店「きた福」。座敷で活かに料理が食べられる東京で唯一の活け蟹料理店。ミシュランガイドにも選出されたその味はお墨付き。部屋に活きた蟹を持ち込み、目の前で料理人が包丁を振るまってくれるライブ感がたまらない。刺身、しゃぶしゃぶ、焼き、茹でなど、心ゆくまで蟹を堪能できる。冬限定の「活松葉蟹コース」は突き出し、前菜、活松葉蟹料理、お食事、デザート付き。松葉蟹は兵庫、鳥取産を中心に提供する。また、別料金で越前蟹、間人蟹などもオーダー可能。

    きた福

    東京都港区赤坂3-13-6 国際天野ビル 7F
    地図

    詳細情報

  • 蟹工船

    JR有楽町駅徒歩3分、地下鉄日比谷線日比谷駅より徒歩1分ほどの場所にある「蟹工船」。近海物の活蟹とA5山形牛をメインとした懐石料理店。一年を通して味わえる毛蟹、その季節毎に一番美味しいものを北海道各地から取り寄せている。蟹は全て料理に応じて食べやすく調理してあるため、煩わしい殻むきなどは一切なし。店内は高級感のある個室がメインで、接待や記念日などにも使える雰囲気だ。コースはく大きく分けて「蟹と山形牛コース」と「茹で蟹と鍋じコース」の2種がある。

    蟹工船

    東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービル 9F
    地図

    クーポンをチェック!

    詳細情報

  • 蟹喰楽舞

    新橋駅からすぐ、新橋駅前ビル1号館 B1Fにある「蟹喰楽舞」。活蟹卸売問屋が直営する海鮮居酒屋。函館港をはじめ、釧路、網走、根室、稚内、 紋別港など北海道内各地から、自慢の蟹はもちろん新鮮な海鮮を仕入れ提供している。こちらの名物は豪快なお通し。2名以上の来店で姿のままの毛ガニが一杯まるごと供される。蟹の他にも旬のお造りをはじめとした魚介類のつまみが充実。色々と飲んで食べた後は、毛ガニの甲羅に熱燗を入れて楽しむ甲羅酒できまり。蟹の芳醇な香りと磯の風味で日本酒の味わいがさらに豊かになる。

    蟹喰楽舞

    東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 B1F
    地図

    詳細情報

  • かに地獄 新橋

    かに地獄 新橋 Photo by yabukichi_8

    新橋駅より徒歩1分ほど、昭和に雰囲気が漂うニュー新橋ビルの地下にある「かに地獄 新橋」。コンセプトは、「サンダルでも行ける本格カニ酒場」。根室のマルダイ水産から旬の蟹を、リーズナブルな新橋価格で提供。3~4種類を常備。店内の冷蔵ケースや水槽には活きた蟹が並び、その日の目玉商品は競りが行われる。高級カニからオススメ料理まで毎日1円からスタート。根室の市場をイメージした店内はカジュアルで、仕事仲間や友人同士の飲み会など普段使いに持ってこい。花咲ガニや毛ガニ、タラバなど旬の蟹を、素材の味をそのまま楽しめる。冬は蟹の出汁が存分に効いた鍋がおすすめ。〆の雑炊は蟹の旨味がたっぷり吸い込んだ鉄板の美味しさだ。

    かに地獄 新橋

    東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル B1
    地図

    詳細情報

  • Deep Sea Crab(ディープシークラブ)

    Deep Sea Crab(ディープシークラブ) Photo by raccoon036

    JR五反田駅より徒歩3分ほどの場所にある「Deep Sea Crab(ディープシークラブ)」。南アフリカはケープタウン沖で獲れた「ディープシーレッドクラブ」を使った料理が充実。ディープシーレッドクラブとは、ケープタウン沖深海600mに希少なカニ。日本国内でも取り扱っている店は少なく、その甘くてジューシーな身は一食の価値あり。カニ本来の味を楽しめる「カニのセクション盛り」をはじめ、にんにく炒め、トマトソース、グラタン、フライなど様々な調理法で楽しめる。一番のオススメは「カニピラフ」。カニの身をたっぷり入れ、体に優しい十一穀米を使用している。カニに合うワインや焼酎なども取り揃え、特に白ワインは充実の品揃え。

    Deep Sea Crab

    東京都品川区東五反田5-24-7 ノブレス池田山 B1F
    地図

    詳細情報

  • Canned Crab Bar(カンド クラブ バー)

    Canned Crab Bar(カンド クラブ バー) Photo by nambon

    代々木上原駅から徒歩2分ほど、カニを中心とした鉄板料理がいただけるワインバー「Canned Crab Bar(カンド クラブ バー)」。カニ入りポテトサラダ、カニクリームコロッケの鉄板焼き、カニとアボカドのタルタル、カニのカルボナーラ“カニボナーラ”など、カニ尽くしのメニューがずらり。お通しは一人前150g食べられる蒸しガニ。食べやすく殻に切れ目が入っており、これだけでも満足感がある。また、ハウスワインを1杯なんと100円(税抜)で提供。ボトルでも700円と、かなりお得に楽しめる。ワインの他、20種類ほどのベルギーを中心としたボトルビールやトラピストビールもあり、しっかり食事をしたいときも、二次会などでお酒を楽しみたいときにも便利に使える。

    Canned Crab Bar

    東京都渋谷区西原3-21-1 1F
    地図

    詳細情報

  • 御かにめし 日本橋 かに福

    日本橋にある「かに福」は、昭和45年の創業の老舗かに料理専門店。名物は「御かにめし」。ほのかな和風だしが香るご飯に、ずわいがにをたっぷりと盛り付けたもの。まずはそのまま食べ、次は出汁をかけて食べる。温かい出汁によってかにの風味がより一層引き立ち、また違った味わいに。最後はずわいがにの味噌を使用した特製のかに味噌を溶いて食べる。かに味噌の濃厚な味わいが加わり、3種類の異なる美味しさが楽しめる。人気の「御かにめし会席」は、前菜三点盛り、かにクリームの天ぷら、たらば蟹とずわい蟹の盛り合わせ、御かにめしと、かに三昧の贅沢な内容となっている。また、予約限定で豪華なかに尽くしの会席も提供する。

    御かにめし 日本橋 かに福

    東京都中央区日本橋1-2-2 親和ビル1F
    地図

    詳細情報

  • 蟹漁師の家 青山本店

    外苑前駅3番出口からすぐのビル3Fにある「蟹漁師の家 青山本店」。お手頃価格で様々なカニを使った料理が食べられる店。特にランチタイムは、かにチャーハン、かに玉チャーハン、かにのトマトクリームスパゲッティ、かにコロッケ定食などボリュームたっぷりのかに料理が1,000円前後で食べられると好評。一番の人気はかに玉チャーハン。パラパラに仕上げたシンプルな味付けのチャーハンに、旨みのあるかにの身をたっぷりトッピング。大盛りにすると通常の2倍ほどの量が出てくるのでがっつりと食べたいときにおすすめ。夜はカニ料理のつまみを中心とした気軽な居酒屋となる。

    蟹漁師の家 青山本店

    東京都港区北青山2-7-16 青山スカイビル 3F
    地図

    詳細情報

  • メヒコ 有明店

    メヒコ 有明店 Photo by raccoon036

    りんかい線国際展示場駅より徒歩3分、ゆりかもめ国際展示場正門駅・有明駅より各徒歩3分の場所にある「メヒコ 有明店」。店内には大型水槽を設置し、水中を泳ぐ魚を眺めながらの食事が楽しめるレストラン。1970年の創業以来、ずっと愛され続けているメニューが「カニピラフ」。米はピラフに適したオリジナルのブレンド、伝統の調理方法を守り味を今に伝えている。ピラフはむき身と殻つきから選べる。殻つきの豪快なビジュアルは必見。米一粒一粒にカニの出汁がしっかり感じられる上等な味わいに仕上げている。

    メヒコ 有明店

    東京都江東区有明3-1-28 有明パークビル 2F
    地図

    クーポンをチェック!

    詳細情報

    11件中 1 - 10件目

    関連ガイド