東京たいやき御三家

麻布十番の「浪花家総本店」1909年(明治42年創業)、人形町の「柳屋」1916年(大正5年創業)、四谷の「わかば」1953年(昭和23年創業)は「東京のたいやき御三家」と呼ばれています。 どの店も1匹ずつ焼き上げる型の天然物です。1日あれば全店回れるので是非お試しを。

2012.4.1 Sun 更新 | 全3件 | Views

  • 浪花家総本店

    浪花家総本店 Photo by manami808

    もうすでに餡がすけすけな程に薄皮のたい焼き。上品な甘さの餡がしっぽまでぎっしりと詰まっている。ぺろりと食べられるので2個3個と手が伸びてしまいそう。

    浪花家総本店

    東京都港区麻布十番1-8-14
    地図

    詳細情報

  • 柳屋

    柳屋 Photo by rdpish

    人形町甘酒横丁にある行列の絶えないたい焼き屋さん。餡はしっかりと甘く、皮は歯ごたえがある男前なたい焼き。

    柳屋

    東京都中央区日本橋人形町2-11-3
    地図

    詳細情報

  • たいやき わかば

    たいやき わかば Photo by kihiroro

    皮は薄く餡がすけている部分があるほど。後からわかったんですが、たい焼きからはみ出た周りの部分がほとんどなくて、綺麗な魚の形になってるのも特長。焼き立てのぱりぱり食感がたまらない。

    たいやき わかば

    東京都新宿区若葉1-10 小沢ビル 1F
    地図

    詳細情報