東京三大豆大福

もちとあんこと豆、これらによって作り上げられるシンプルで上品な味わい。 豆大福は古くから東京を代表する和菓子として親しまれてきました。 東京には多くの豆大福の名店がありますが、このページでは三大豆大福の店として特に名高い三店を紹介します。 お土産やお茶菓子に、絶品の和風スイーツを味わってみてください。

2012.4.1 Sun 更新 | 全3件 | Views

  • 群林堂(ぐんりんどう)

    群林堂(ぐんりんどう) Photo by cyberkiz

    大手出版社の近くという立地から、三島由紀夫や松本清張などの手土産として文豪にも愛されたという豆大福。ほんのり塩味の効いた赤えんどう豆がたっぷり。もっちりとした餅、品の良いこし餡、赤えんどう豆が絶妙のバランス。

    群林堂

    東京都文京区音羽2-1-2
    地図

    詳細情報

  • 瑞穂

    瑞穂 Photo by cyberkiz

    オシャレな若者が集う原宿キャットストリートの路地裏にひっそりとある和菓子店。あんことおもちの割合が9:1、大ぶりでボリューム満点。柔らかな餅、多めの豆、たっぷりの餡で満足度100%。

    瑞穂

    東京都渋谷区神宮前6-8-7
    地図

    詳細情報

  • 松島屋

    松島屋 Photo by sach_i_421

    赤地に白字の暖簾が目印の、行列が絶えない老舗和菓子店。小ぶりでちょこんとした様子が可愛らしい豆大福。しっかり甘めの餡と少し固めの皮がマッチング。塩味の効いた豆の食感がアクセントなっておいしい。

    松島屋

    東京都港区高輪1-5-25
    地図

    詳細情報