御徒町とんかつランキング!とんかつ激戦区・御徒町で人気の5選

御徒町とんかつランキング特集。御徒町周辺は老舗とんかつ店が多く存在し、とんかつ偏差値が高いエリア。御徒町でとんかつ人気ランキング、外れナシの店をご紹介。

2015.8.11 Tue 更新 | 全5件 | Views

  • 山家 御徒町店(やまべ)

    JR御徒町駅北口から徒歩2分の場所にある「山家 御徒町店(やまべ)」。店構えは清潔感があり高級感が漂うが、店先に出された看板には「ロースかつ定食700円」の文字。店内に着席すると有無を言わさずに提供されるのは、白菜のお新香と温かい緑茶。ロースかつの厚さは約2㎝、サクサクの衣に包まれた豚肉はほんのりとピンク色を残すふっくらとした揚がり具合。ライスは何も言わずとも大盛りで登場。これで700円とは驚愕のコストパフォーマンスの高さだ。ロースかつの豚肉はカナダ産だが、上ロースかつの豚肉は国産となる。上ロースかつ定食は1,100円。

    山家 御徒町店

    東京都台東区上野6-2-6 胡同ビル 1F
    地図

    詳細情報

  • ぽん多本家(ぽんたほんけ)

    JR御徒町駅南口から徒歩3分 上野とんかつ御三家との呼び声も名高い「ぽん多」。100年を越えて愛され続ける老舗洋食屋だ。名物のカツレツに使用するロース肉は、ブランドや銘柄はあえてこだわらずに、その時に一番品質の良いロース肉を厳選している。さらに、美味しさの秘密は丁寧な下処理にある。脂身や筋などは全て取り除き、中心の柔らかい部分のみを贅沢に使用。低温からじっくりと火をいれ、絶妙のタイミングで高温で仕上げる。その他、江戸前食材を使用したフライ、タンシチューなど、伝統の技が光る逸品が揃う。カツレツ単品は2,700円。

    ぽん多本家

    東京都台東区上野3-23-3
    地図

    詳細情報

  • 蓬莱屋

    蓬莱屋 Photo by rickscafeameric

    JR御徒町駅から徒歩1分、「蓬莱屋」は大正時代から続くヒレカツ専門店。蓬莱屋が創業するまではトンカツといえばロース肉を使ったものが常識。その常識を破り、上質で厳選された豚ヒレ肉に薄手の衣をつけて揚げたあっさりとしたヒレカツを提供したところ好評を博し、今に至っている。ヒレカツは、ラード(豚の脂肪)とヘッド(牛脂)を絶妙に配合した揚げ油を使用し、高温の油で表面を固め、低温でじっくりと中まで火を通す「2度揚げ」を取り入れている。衣は濃い目のキツネ色で香ばしく、極薄でクリスピーな食感が特徴。中から肉の旨みが溢れ出し口の中に広がる。メニューはヒレ肉を使ったカツレツ定食と一口カツ定食の2品のみ。

    蓬莱屋

    東京都台東区上野3-28-5
    地図

    詳細情報

  • まんぷく

    JR御徒町駅北口から徒歩2分、アメ横の隣の通りのさらに裏通りにある「まんぷく」。かなりわかりにくいところにあり、店内はカウンター8席ほどしかない隠れ家的店だ。定番の「とんかつ定食」は900円。味噌汁とおしんこ付き。とんかつは2.5cmほどとかなり厚め。ほどよく脂身が多めでジューシーな肉質と、衣のザクザクとした食感のコントラストが食欲をそそる。トンカツをメインに、メンチカツ、ハムカツの他、エビフライや牡蠣フライもある。

    まんぷく

    東京都台東区上野4丁目1-5
    地図

    詳細情報

  • とんかつ武蔵野

    JR御徒町駅から徒歩10分ほどの場所にある「とんかつ武蔵野」。昭和の香りが漂う昔ながらのとんかつ店だ。ざっくりと揚げられた衣も厚めなら、肉はさらに厚め、そしてでかい。余りのでかさにとんかつは縦に切ってあるだけではなく、横にもカットされて10~12等分で出てくるが、一切れも一口では食べられないほどのサイズだ。ランチメニューはロース、ヒレカツ、盛り合わせなどの定食が1,000円で食べられる。ランチタイムはご飯と味噌汁のおかわり可。

    とんかつ武蔵野

    東京都台東区上野2-8-1
    地図

    詳細情報