中国・四国初詣2017【岡山・広島・鳥取・島根・山口・香川・徳島・愛媛・高知】

中国・四国【岡山・広島・鳥取・島根・山口・香川・徳島・愛媛・高知】の初詣スポット情報。一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈る初詣。御守りを買ったり絵馬に願いを書いたりと趣のある行事です。三が日は大賑わい。人気の場所では年明けすぐから大混雑することも。さあ初詣に出かけてみませんか?

2012.12.3 Mon 更新 | 全20件 | Views

  • 最上稲荷

    最上稲荷 Photo by www.inari.ne.jp

    吉備平野の田園地帯に位置する最上稲荷。京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷と並ぶ日本三大稲荷として、約1200年の歴史を紡いできた。
    入り口には高さ27.5mの大鳥居がたたずみ、参拝客を出迎える。
    三が日で約57万人以上の参拝客がある初詣「新春開運大祈願祭」や、10万袋の福豆で福を呼ぶ「節分豆まき式」、最上さまの脇神八大龍王の水の祭典である「夏季大祭」など、一年を通して趣のある行事が催される。

    最上稲荷

    岡山県岡山市北区高松稲荷712
    地図

    詳細情報

  • 吉備津彦神社

    古代より神の山として崇敬されてきた中山の麓に鎮座する吉備津彦神社。五穀豊穣、武運長久、慈愛、長寿の御神徳の神様を祀る。
    夏至の日の日出の際、正面の鳥居が太陽を真正面から迎える。吉備津彦神社は、大自然の恵みへの感謝と自然の災害への畏敬という人間本来の自然崇拝を元にする神社であり、この夏至の日には「日の出祭」と言うお日様に感謝する神事が行われる。

    吉備津彦神社

    岡山県岡山市一宮1043
    地図

    詳細情報

  • 亀山神社

    呉湾を一望できる高台に位置し、約1300年の間、氏神様として尊崇されてきた「亀山神社」。
    一年を通して、様々な神事が行われる。大御神酒が振る舞われる晦日からお正月にかけての初詣や、御焚き上げと豆まきにより厄を払う節分、ヤブやお囃子、女神輿が町内を廻る秋のお祭り「人祭」など、多くの人々が集まり賑わう。

    亀山神社

    広島県呉市清水1-9-36
    地図

    詳細情報

  • 三輪明神 広島分祠

    日本最古の神社である奈良県桜井市の三輪明神大神神社から、御霊が分祀されてできた神社。
    御祭神の「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)」は、産業開発、治病、交通、縁結びなど、世の中の幸福を増進するご利益のある守護神とされる。
    1月1日の「元旦祭」に始まり、3月の火の神様を祀る「かまど祭」、7月の無病息災を願い茅の輪をくぐる「おんぱら祭」など、様々な神事や行事が執り行われる。

    三輪明神 広島分祠

    広島県広島市西区古江上1丁目376-15
    地図

    詳細情報

  • 宇倍神社

    なだらかに連なる稲葉山の西に位置する「宇部神社」。西暦648年に創建され、約1300年以上の歴史を持つ。大正・昭和の1円札や5円札の図柄になったこともあり、商売繁盛、お金にご縁のある神様として有名で参詣客が全国からやってくる。
    一年の無事と日々の感謝を祈る初詣から始まり、麒麟獅子舞や武者行列が見ものである4月21日の例祭「神幸祭」や、秋の恵みに感謝を捧げる「秋祭り」と続き、溜まった災いを流し新年を迎えるため大晦日に行われる「大祓」で一年を締めくくる。

    宇倍神社

    鳥取県鳥取市国府町宮下651
    地図

    詳細情報

  • 太皷谷稲成神社

    京都の伏見稲荷や茨城の笠間稲荷と共に、神道系の日本五大稲荷の一つに数えられる「太皷谷稲成神社」。御利益は五穀豊穰、商売繁盛に加え、特に願望成就とされ、強く崇敬されている。
    また、年の初めには午前零時から歳旦祭が行われ、初詣の人が多く訪れる。参拝者数は三が日で約25万人にも及ぶ。

    太皷谷稲成神社

    島根県鹿足郡津和野町後田409
    地図

    詳細情報

  • 防府天満宮

    天穂日命、武夷鳥命、野見宿禰に加え、学問の神様菅原道真公を祀る「防府天満宮」。京都の北野天満宮と福岡の太宰府天満宮と合わせて日本三天神の一つに数えられる。
    学問の神様が祀られているので、受験生に人気がある。1月の初詣のシーズンには多くの参拝客で賑わう。また1月5日には工事安全の祈りが込められた神事「釿始式」も行われる。

    防府天満宮

    山口県防府市松崎町14-1
    地図

    詳細情報

  • 遠石八幡宮

    遠石八幡宮 Photo by www.toishi.co.jp

    宇佐八幡大神のお告げにより、土地の人々を守護する目的で708年に社殿が創建された。平安時代、江戸時代と信仰を集めていって、現在も多くの人々が参詣に訪れる。行事・神事は、年の頭の歳旦祭から始まり、厄払いの節分祭、6月の茅の輪くぐりや大祓、そして、年末の除夜祭と続いていく。

    遠石八幡宮

    山口県周南市遠石2-3-1
    地図

    詳細情報

  • 赤間神宮

    赤間神宮 Photo by www.tiki.ne.jp

    1185年の壇ノ浦の戦いでお亡くなりになった安徳天皇を祀る。七盛塚とも呼ばれる、平家の武将らの墓がある。物語「耳なし芳一」の舞台となったお寺、阿弥陀寺として有名。7月には「耳なし芳一祭」として琵琶奉納演奏が行われる。

    赤間神宮

    山口県下関市阿弥陀寺町4-1
    地図

    詳細情報

  • 伊豫豆比古命神社(椿神社)

    伊豫豆比古命神社(椿神社) Photo by www.tubaki.or.jp

    約2000年もの歴史を持ち、縁起開運・商売繁昌の神様を祀る「伊豫豆比古命神社」。古くから信仰を集め、現在では敬いの念を込めて「椿神社」「お椿さん」と呼ばれ親しまれている。
    お正月には歳旦祭が催される。例年、御祭神が今年も無事でいてほしいという願いを込め、元旦の午前2時に宮司が清らかな霊力が宿るとされる湧き水を汲みに行き、御祭神にそれを献上するという「若水汲みの神事」が行われる。境内は参拝者で賑わう。

    伊豫豆比古命神社

    愛媛県松山市居相2-2-1
    地図

    詳細情報

20件中 1 - 10件目

関連ガイド