北海道・東北初詣2017【北海道・青森・秋田・山形・岩手・宮城・福島】

北海道・東北【北海道・青森・秋田・山形・岩手・宮城・福島】の初詣スポット情報。一年の感謝を捧げ、新年の無事と平安を祈る初詣。北海道神宮や中尊寺など、北海道・東北の初詣の名所の三が日は大賑わい。人気の場所では年明けすぐから大混雑することも。さあ初詣に出かけてみませんか?

2015.12.28 Mon 更新 | 全35件 | Views

  • 北海道神宮

    道民なら知らない人がいない北海道神宮。

    札幌市民なら誰でも一度は訪れる、北海道で一番参拝客が訪れる神社である。北海道という地名になる際に、明治政府によって建立されたのがはじまり。主に北海道の国土の神様である大国魂神(おおくにたまのかみ)をはじめ四神を祀る。

    約18万平方メートルという広大な境内は、季節ごとに色々な顔を見せる。春には桜、秋には紅葉の道内随一の名所としてよく知られるほか、6月に行われる「札幌まつり」は、北海道の夏を告げる風物詩として有名。加えて、樹齢数百年を越えるハルニレの大木は、もはやバードウォッチングのメッカ。

    正月には毎年70万人以上が参拝に訪れ、より一層賑わいをみせる。境内の梅の木を使って作られる「神宮の梅酒」が人気。

    ご利益は、商売繁昌、安産、家内安全、交通安全、合格祈願、厄除け開運など様々。

    北海道神宮

    北海道札幌市中央区宮ケ丘474
    地図

    詳細情報

  • 中尊寺

    世界の文化遺産にも登録された「平泉の文化遺産」である中尊寺。堂の内外に金箔が押してあり、金色の厳かな光を放つ金色堂はあまりにも有名。

    ほかにも、中尊寺の本寺である本堂や不動明王をご本尊とする不動堂、文化財が保管される讃衡蔵、樹齢300年ほどの杉並木が続く月見坂など、境内には見どころが満載。

    年中観光客が絶えないが、初詣には県民はもちろん、全国各地から10万人という非常に多くの人がつめかけ、それまで以上の賑わいに。商売繁盛や家内安全、学業成就に縁結びといったご利益を求め、不動明王様にご祈願する。元日から8日までの間は、尊仏に面座して諸願を祈願する法要が行われている。

    中尊寺

    岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202
    地図

    詳細情報

  • 函館八幡宮

    函館山のふもとに鎮座する函館八幡宮は、1445年頃に領主・河野政通が土地を守るために八幡の神(応神天皇や住吉大神・金刀比羅(こんぴら)大神)を祀り、創建された。

    現在でも「八幡さん」の愛称で親しまれている函館市民の安心の場でもあり、威厳のある外観が特徴の社殿や、津軽海峡を見おろす見事な景観は心に響く。

    また、8月14日から16日までの三日間にわたって行われる例祭はとても有名。出店が並び、神輿をかついで街を練り歩く神輿渡御などを行い、地元の人々が多く参加し盛り上がる。

    航海や漁業に関する祈願が多く、海上安全、開運、商売繁盛といったご利益がある。三が日の初詣の参拝者数が例年4万人をゆうに超える、函館一の人気初詣スポットでもある。

    函館八幡宮

    北海道函館市谷地頭町2-5
    地図

    詳細情報

  • 善知鳥神社

    善知鳥神社は、青森県民に最も親しまれている神社。現在の青森市が昔、善知鳥村と言われていたころに、アマテラスとスサノオの誓約によって生まれた宗像三女神を国の守護のために祀り、創建された。青森うとう祭などの行事が有名なほか、西行法師や世阿弥、森鴎外など、平安時代から現代にかけての多くの文化人が、善知鳥に関する伝承を残していることでもよく知られている。

    ご利益は、交通安全、海上守護、他にも家内安全、商売繁盛、国家鎮護、方位除けなど守護に関するものが多い。

    毎年、青森県内最高の初詣客を見せる初詣スポットでもあり、元旦午前0時に浄世太鼓が鳴り響く元旦祭は特に多くの人で賑わう。

    善知鳥神社

    青森県青森市安方2-7-18
    地図

    詳細情報

  • 太平山三吉神社

    標高1,171mの霊峰・太平山の山頂に鎮座する太平山三吉神社。673年に創建、801年に征夷大将軍・坂上田村麻呂の征討の際に、戦勝を祈願して堂が建立されたとされる。山頂で一望できる、白神山地や男鹿半島など県内の大自然のパノラマは格別。

    「みよしさん」、「さんきちさん」の愛称で親しまれている秋田の守護神・三吉霊神(みよしのおおかみ)を主に祀る。ご利益は、勝利成功、事業繁栄のほか、「だいこくさま」による縁結びなど。1年を通して参拝客が訪れ、特に登山者が多い夏場には、奥宮に併設されている山小屋が開かれる。

    また、毎年1月17日に開催される三吉梵天祭は、江戸時代頃に始まった秋田の冬の風物詩として有名。梵天と呼ばれるものを神社に奉納し、1年の幸福を願うこの神事は、大勢の拝観者が一体となって賑わう。

    太平山三吉神社

    秋田県秋田市広面赤沼3-2
    地図

    詳細情報

  • 宝珠山立石寺

    宝珠山立石寺

    かつて松尾芭蕉が訪れ、「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という和歌を詠んだことでも有名な山形の観光名所・山寺。正式名称を宝珠山立石寺といい、860年に慈覚大師が開いた天台宗の霊山である。

    入山して正面にある、日本最古のブナ材の建築物・根元中堂から始まるお堂の数々や、門に仏像、そして、荘厳な雰囲気の中で広がる四季折々の自然に対する感動は、登った人にしか味わえない。

    年間を通して観光客が絶えないが、年末年始になるとより多くの人が訪れる。三が日の初詣客による賑わいはもちろん、大晦日の夜には、除夜の鐘を打ち新年を迎える準備を始め、納豆汁、玉こんにゃくの振る舞いなども用意。先着108名には干支の記念品も。
    開運、交通安全、学業成就といったご利益があるという。


    宝珠山立石寺

    山形県山形市大字山寺4456-1
    地図

    詳細情報

  • 盛岡八幡宮

    今から300年以上前の1680年に建立された盛岡八幡宮。第15代応神天皇が祀られており、農業、工業、商業、学問、衣食住など、人間生活の根源の神として昔から信仰されてきた。

    約2万坪もの広さを誇る境内は、もはや神社のテーマパーク。主に3つのゾーンに分けられ、八幡宮のほか縁結美神社の社殿がある八幡宮ゾーン、戦死者の魂を祀る護国神社ゾーン、五穀豊穣・商売繁盛の神を祀る笠森稲荷神社のゾーンと、見どころたくさん。

    神事、行事もさかんだが、中でも神社が1年間でもっとも賑わいを見せるのが初詣。元旦の午前0時に太鼓の合図が鳴り、大勢の参拝者が大石段をのぼって新年をスタートさせ、3日までには約20万人が参拝に訪れる。1月15日に行われる、防火と無病息災を祈願して行われる裸参りも歴史のある伝統行事。

    盛岡八幡宮

    岩手県盛岡市八幡町13-1
    地図

    詳細情報

  • 志波彦神社・塩釜神社(鹽竈神社)

    全国にある塩釜神社の総本山である塩釜市の塩釜神社。古くから東北陸奥の国を守護し、朝廷から庶民まで広く信仰を集めてきた由緒ある神社である。

    境内には、500種にも及ぶ植物が生え、中でも国の天然記念物に指定されているシオガマザクラは非常に有名。春には桜が満開に花開き、一方で秋には紅葉が境内を真っ赤に演出する。

    宮城県の代表的な観光スポットとして、金華山や松島湾の島々が望まれる名景勝地として、また人気パワースポットとして年間で訪れる人が絶えないが、特に年明けには、三が日だけでも55万人を超える人々が押し寄せる人気初詣スポットでもある。

    主な行事・神事は、歳旦祭(1月1日)、元始祭(1月3日)、どんと祭(1月14日)など。ご利益は主に、安産、交通安全、家内安全、延命長寿にあるとされる。

    志波彦神社・塩釜神社

    宮城県塩竈市一森山1-1
    地図

    詳細情報

  • 伊佐須美神社

    イザナギとイザナミの二柱を祭神として祀る伊佐須美神社。

    岩代の国の格式の高い一宮であり、境内には「木造狛犬一対」など文化財として保存されているものも。

    産業文化、延寿、縁結び、交通安全などの守護として、いまもなお県内外の人々の深い崇敬を集め、多くの人が1年を通して訪れるほか、6月中旬~7月にかけて150種10万株のあやめが色とりどりに咲き誇る、東北最大規模の「あやめ苑」も観光客が多い。

    行事は年間65祭を数え、中でも三重県伊勢神宮の朝田、愛知県熱田神宮の夕田と並ぶ田植祭の一つとされるお田植え祭は有名。

    1月1~3日で約18万人もの人々で大きく賑わう、会津の名初詣スポットでもある。0時に楼門の大扉が開かれると同時に八方除始祭が催行され、新年のはじまり。

    伊佐須美神社

    福島県大沼郡会津美里町宮林甲4377
    地図

    詳細情報

  • 毛越寺

    世界遺産に含まれている毛越寺(もうつうじ)は、慈覚大師円仁が850年に開山したとされる古寺。かつては、堂塔40僧坊500が立ち並び、中尊寺をしのぐほどの規模と華麗さであったと言われている。

    これまで災火のたびに復興し、現在はほぼ完全な状態で保存されている、浄土庭園と伽藍遺構が国の特別史跡・特別名勝の二重の指定を受けている。ほかにも、薬師如来をご本尊とした平安様式の本堂は見もの。

    初詣には、地元はもちろん東北・関東からの参拝者も含めて約7万人が三が日に訪れる。大晦日の幻想的な庭園ライトアップから元旦零時の除夜の鐘までの境内はとりわけ大賑わい。無病息災、延命長寿のご利益がある。

    毛越寺

    岩手県西磐井郡平泉町平泉大沢58
    地図

    詳細情報

35件中 1 - 10件目

関連ガイド