関東のスケート場・スケートリンク【東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・群馬・茨城】


Views

関東のスケート場・スケートリンク情報。冬のレジャーとして人気のアイススケート。家族や友人、カップルなど様々なシチュエーションで楽しめる遊びです。氷上を優雅に滑走すれば気分は爽快!冬の寒さなど忘れられます。(全21件)

住所:東京都練馬区向山3-25-1 としまえん それいゆ広場 / 地図 / Photo by www.toshimaen.co.jp

冬期限定でとしまえん内にて営業を開始する屋外アイススケートリンク。 乗り物に飽きてしまったらスケートリンクでスイスイ滑って爽快感を味わおう。

住所:東京都江戸川区東篠崎1-8-1 / 地図 / Photo by www.edogawa-sportsland.com

江戸川区スポーツランドではスケート教室を開催している。スケート初心者~中級・上級者と幅広いレベルの人対象の教室がそれぞれあるので、初めてで不安な人やもっと上達したい人は是非利用してみよう。

住所:東京都新宿区高田馬場4丁目29-27 / 地図 / Photo by www.citizen-plaza.co.jp

オールシーズン営業、60m×30mのアイスホッケー国際規格の本格派リンクを設置しているシチズンプラザ。専属インストラクターによる各種スケート教室を常時開催し、生徒募集を行っているが、普通の一般の人も滑ることが可能。

住所:東京都新宿区霞ヶ丘町11-1 / 地図 / Photo by www.meijijingugaien.jp

明​治​神​宮​外​苑​のア​イ​ス​ス​ケ​ー​ト​場は快適な滑走が可能なため、スケーティングの技を磨くにも最適。華麗なる演技も、さらに輝き映える優れた施設環境。

住所:東京都東大和市桜が丘1丁目1330-19 / 地図

BIGBOX東大和に入っている東大和スケートセンター。スケートスクールなども開催しているが、一般の人もスケートを楽しめるような施設内容になっている。スピードスケートでの滑走は禁止されている。

住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-11 / 地図 / Photo by www.princehotels.co.jp

1年中利用できる国際規格のスケートリンクを備えた施設。自身で滑走することに加え、最大2500名を収容できる観客席から、迫力のあるアイスホッケーやフィギュアスケートを観戦することも可能。また、フィギュアスケート教室も開催している。

住所:神奈川県相模原市中央区弥栄3-1-6 / 地図

1年を通じて気軽にスポーツを楽しむことができるよう、冬季はアイススケート場、 夏季は水泳プールとして利用することができる複合施設。スケート場が利用可能な期間中は大会等を除いて原則休場日はない上、1日中利用できる。他にもトレーニング室や会議室、飲食店等も備えている。

住所:神奈川県横浜市青葉区奈良町700 / 地図 / Photo by www.kodomonokuni.org

冬期のみ利用できる「こどもの国」のアイススケート場。当スケートリンクでは、大きな屋根の下で浄水ろ過した水を凍らせることにより、氷が良い状態に保たれている。冬は家族そろってアイススケートを楽しむことができる。要申込で早朝スケート教室や団体スケート教室も開催している。

住所:神奈川県横浜市神奈川区広台太田町1-1 / 地図 / Photo by www.kanagawaskaterink.com

現在日本で一番長寿営業を行っているスケートリンク。幼児から大人まで、様々な条件・用途に合わせたスケート教室を開催しているほか、無料でのアイスホッケーの観戦も可能。サブのスケートリンクも完備しており、初心者にも優しい。

住所:千葉県 千葉市美浜区 新港224-1 / 地図

エネルギーセンター(清掃工場)の余熱を利用した1年中滑ることができるスケートリンク。4歳以上の就学前児童から大人まで、幅広い年齢層を対象とした12種類のスケート教室を1ヶ月ごとに開催しており、毎月生徒を募集している。温浴プール施設も完備している。

21 件中 1 - 10 件目

1 2 3 次へ

このガイドが掲載されている特集

  • 特集スケート場・スケートリンク

    冬のレジャーとして人気のあるアイススケート。アイススケートは家族や友人、カップルなど様々なシチュエーションで楽しむことができるスポーツです。最近では屋内外を問わずスケート場・スケートリンクが増え、スケートはますます気軽に楽しむことができるようになっています。氷上を優雅に滑走すれば気分は爽快で、冬の寒 本文を読む

このガイドへのコメント

「行ってみたい!」「このスポット良かった!」「このスポットも入れて欲しい!」etc...
ガイド作者さんにコメントを残しましょう!

  • 100文字まで:残り93文字
    ※Twitter IDが必要です。
    ※コメントは30min.とTwitterの両方に掲載されます。

30ガイドの最新情報をフォロー

Twitterの@30minで記事を配信しています。

30min.とは? ブログの登録はこちら(無料) お店の登録はこちら(無料)