健康な生活を送る上で理想的なのは「病気にならない」ことですが、こればかりは現代の医療技術をもってしても非常に難しい事です。診断機器や治療機器、手技や処置方法などの著しい進歩により、病気の早期発見および治癒率が日々飛躍的に向上している現代、私達は症状が出てから治療を始めるよりも、無症状の段階で病巣を見つけてつみ取ろうという「第二次予防医療」が大変重要だと考えています。当院ではさまざまな検診をご提案、実施する事により、脳・心臓・がん疾患を中心とする「第二次予防医療」の推進を目指しています。

施設の詳細情報はこちら

検査コース

人間ドック
人間ドック
生活習慣病の予防・健康の維持と増進のため、健康状態を定期的・総合的に検査することは、生活習慣病の予防につながります。詳しい検査を多項目にわたりおこなう人間ドックは、多くの病気の早期発見に役立ちます。人間ドックはさまざまな項目について詳しく検査をおこない、多くの疾患の早期発見に有用です。また、病状の経過や今後の治療の方針の決定や合併症の有無の診断にも役立ちます。通常の健康診断では異常なしと言われた方でも、人間ドックで異常が見つかることもありますので、定期的な検診で自分の健康状態を確認することはとても大切です。
詳細・空き状況を見る
◆Web予約価格◆PET-CTがんドック+PET乳がんドック
◆Web予約価格◆PET-CTがんドック+PET乳がんドック
PET-CTを中心にMRI・エコー・血液検査等を組み合わせ、がんを早期発見します。苦痛もなく、短時間で高精度の診断が可能です。これまで発見できなかった1cm前後の小さながんが発見でき、がんの早期治療が可能となります。がんの有無や大きさがわかり、治療法や治療範囲を決めるのに大変有用で、腫瘍の良性・悪性の判別・悪性度の診断に役立ちます。また、一度に全身(首から股下まで)のがん検査が可能です。乳房用PET装置「PEMGRAPH」では、乳腺部分に集積が無いかを見る検査です。特徴としては、マンモグラフィとは違い乳房は圧迫しないため、苦痛を伴いません。また、感度がマンモグラフィや超音波より高いため、特に日本人女性に多い高濃度乳腺の診断に威力を発揮します。
詳細・空き状況を見る
PET-CTがんドック
PET-CTがんドック
PET-CTを中心にMRI・エコー・血液検査等を組み合わせ、がんの早期発見を目指します。苦痛もなく、短時間で高精度の診断に努めます。PET-CTは、その名のとおりPET(陽電子放射断層撮影装置)とCT(コンピュータ断層撮影装置)が合体した装置です。1cm前後の小さながんなどの早期発見につながります。)がんの有無や大きさの判別、治療法や治療範囲を決めるのに大変有用で、腫瘍の良性・悪性の判別・悪性度の診断に役立ちます。また、一度に全身(首から股下まで)のがん検査が可能です。着衣のまま検査できます。万が一検査で異常が発見された場合、または異常の疑いがある場合は、当院でさらに詳しい検査・治療を受けていただくことが可能です。
詳細・空き状況を見る
◆Web予約価格◆PET-CTがんドック
◆Web予約価格◆PET-CTがんドック
PET-CTを中心にMRI・エコー・血液検査等を組み合わせ、がんの早期発見をめざします。 短時間で高精度の診断に努めています。PET-CTは、その名のとおりPET(陽電子放射断層撮影装置)とCT(コンピュータ断層撮影装置)が合体した装置です。1cm前後の小さながんの発見や、早期治療につながります。がんの有無や大きさ、治療法や治療範囲を決めるのに有用で、腫瘍の良性・悪性の判別・悪性度の診断に役立ちます。また、一度に全身(首から股下まで)のがん検査が可能です。万が一検査で異常が発見された場合、または異常の疑いがある場合は、当院でさらに詳しい検査・治療を受けていただくことが可能です。
詳細・空き状況を見る
人間ドック+脳ドック(60歳以上)
人間ドック+脳ドック(60歳以上)
人間ドックはさまざまな項目について詳しく検査をおこない、多くの疾患の早期発見に有用です。また、病状の経過や今後の治療の方針の決定や合併症の有無の診断にも役立ちます。通常の健康診断では異常なしと言われた方でも、人間ドックで異常が見つかることもありますので、定期的な検診で自分の健康状態を確認することはとても大切です。脳ドック発症前の脳疾患を早く的確に見つけて対応することが大切です。症状の出ないうちに発見し適切な治療を開始する事、これが脳疾患に対する、第二次予防医療の取り組みです。脳疾患の予防から急性期治療・およびリハビリを兼ね備えた地域完結型である当院のシステムにおいては、脳ドックの受診効果はきわめて大きいものと考えます。
詳細・空き状況を見る
人間ドック+脳ドック(60歳未満)
人間ドック+脳ドック(60歳未満)
人間ドックはさまざまな項目について詳しく検査をおこない、多くの疾患の早期発見に有用です。また、病状の経過や今後の治療の方針の決定や合併症の有無の診断にも役立ちます。通常の健康診断では異常なしと言われた方でも、人間ドックで異常が見つかることもありますので、定期的な検診で自分の健康状態を確認することはとても大切です。脳ドック発症前の脳疾患を早く的確に見つけて対応することが大切です。症状の出ないうちに発見し適切な治療を開始する事、これが脳疾患に対する、第二次予防医療の取り組みです。脳疾患の予防から急性期治療・およびリハビリを兼ね備えた地域完結型である当院のシステムにおいては、脳ドックの受診効果はきわめて大きいものと考えます。
詳細・空き状況を見る
脳ドック(60歳以上)
脳ドック(60歳以上)
脳ドック発症前の脳疾患を早く的確に見つけて対応することが大切です。クモ膜下出血の原因となる動脈瘤、無症候性脳梗塞などは、症状が出ないうちに見つけて処置することが可能な病気です。発症前の状態をいかに早く的確に見つけて対応策を取るかが非常に重要です。近年、自覚症状のない「無症候性脳梗塞」 の患者様が増加しています。普段の生活に支障はなくても、調べてみると脳内の血管が動脈硬化によって血流が不十分な状態になっていて、脳に傷が付いている事があります。症状の出ないうちに発見し適切な治療を開始する事、これが脳疾患に対する、第二次予防医療の取り組みです。脳 疾患の予防から急性期治療・およびリハビリを兼ね備えた地域完結型である当院のシステムにおいては、脳ドックの受診効果はきわめて大きいものと考えます。
詳細・空き状況を見る
乳がん検診(マンモグラフィ)
乳がん検診(マンモグラフィ)
乳がんになる原因は未だに解明されていません。しかし、今まで乳がんにかかった方の年齢や生活習慣などから、いくつかの傾向を指摘する事ができます。その中で、食生活と女性ホルモンがかなり関係している事が分かってきました。乳がんの発生には、遺伝的要因と環境的要因があるとされ、それらの要因をリスクファクターといいます。リスクファクターにあてはまる方はより乳がんになりやすいと言われています。女性の食生活の欧米化やライフスタイルの変化により日本人女性の乳がん羅患率は年々増加しています。当院の乳がん検診では、日本乳癌学会乳腺専門医、看護師、技師が専門チームを作り、機器を用いた正確な検査、診断を行っています。「20歳を過ぎれば乳がん年齢」と言われる今、積極的な乳がん検診の受診をお勧めします。
詳細・空き状況を見る
心臓ドック
心臓ドック
64列マルチスライスCTを用いた心臓ドックは身体に負担が少なく、また既往症をお持ちの方にも安全は健診を行えるように、細心の注意を払って実施しています。
詳細・空き状況を見る
PET乳がんドック
PET乳がんドック
乳房用PET装置「PEMGRAPH」ではブドウ糖代謝の指標となる18F-FDGという薬剤を用いた"FDG-PET検査"で、がんに集まる性質を持つPET 薬剤を注射し、乳腺部分に集積が無いかを見る検査です。全身をスクリー ニングするPET検査と考えは同じです。CT検査などでは形の異常を診るのに対し、PET検査では、ブドウ糖代謝などの機能から異常をみます。PET検査は、通常がんや炎症の病巣を調べたり、腫瘍の大きさや場所の特定、良性・悪性の区別、転移状況や治療効果の判定、再発の診断などに利用されています。検査の特徴ですが、乳房を圧迫しない検査です。また、感度がマンモグラフィや超音波より高いため、特に日本人女性に多い高濃度乳腺の診断に威力を発揮します。
詳細・空き状況を見る
◆Web予約価格◆PET乳がんドック
◆Web予約価格◆PET乳がんドック
乳房用PET装置「PEMGRAPH」ではブドウ糖代謝の指標となる18F-FDGという薬剤を用いた"FDG-PET検査"で、がんに集まる性質を持つPET 薬剤を注射し、乳腺部分に集積が無いかを見る検査です。全身をスクリー ニングするPET検査と考えは同じです。CT検査などでは形の異常を診るのに対し、PET検査では、ブドウ糖代謝などの機能から異常をみます。PET検査は、通常がんや炎症の病巣を調べたり、腫瘍の大きさや場所の特定、良性・悪性の区別、転移状況や治療効果の判定、再発の診断などに利用されています。検査の特徴ですが、乳房は圧迫しない検査で感度が高く、特に日本人女性に多い高濃度乳腺の診断に役立ちます。
詳細・空き状況を見る
脳ドック(60歳未満)
脳ドック(60歳未満)
脳ドック発症前の脳疾患を早く的確に見つけて対応することが大切です。クモ膜下出血の原因となる動脈瘤、無症候性脳梗塞などは、症状が出ないうちに見つけて処置することが可能な病気です。発症前の状態をいかに早く的確に見つけて対応策を取るかが非常に重要です。近年、自覚症状のない「無症候性脳梗塞」 の患者様が増加しています。普段の生活に支障はなくても、調べてみると脳内の血管が動脈硬化によって血流が不十分な状態になっていて、脳に傷が付いている事があります。症状の出ないうちに発見し適切な治療を開始する事、これが脳疾患に対する、第二次予防医療の取り組みです。脳 疾患の予防から急性期治療・およびリハビリを兼ね備えた地域完結型である当院のシステムにおいては、脳ドックの受診効果はきわめて大きいものと考えます。
詳細・空き状況を見る
乳がん検診(マンモグラフィ+乳腺エコー)
乳がん検診(マンモグラフィ+乳腺エコー)
乳がんになる原因は未だに解明されていません。しかし、今まで乳がんにかかった方の年齢や生活習慣などから、いくつかの傾向を指摘する事ができます。その中で、食生活と女性ホルモンがかなり関係している事が分かってきました。乳がんの発生には、遺伝的要因と環境的要因があるとされ、それらの要因をリスクファクターといいます。リスクファクターにあてはまる方はより乳がんになりやすいと言われています。女性の食生活の欧米化やライフスタイルの変化により日本人女性の乳がん羅患率は年々増加しています。当院の乳がん検診では、日本乳癌学会認定乳腺専門医、看護師、技師が専門チームを作り、機器を用いた正確な検査、診断に努めています。「20歳を過ぎれば乳がん年齢」と言われる今、積極的な乳がん検診の受診をお勧めします。
詳細・空き状況を見る