サンシャイン水族館リニューアルオープン。国内初クラゲトンネル登場

サンシャイン水族館リニューアルオープン。国内初クラゲトンネル登場

「サンシャイン水族館」がリニューアルオープンする。

池袋のサンシャインシティの水族館は昨年9月から休館していたが8/4にグランドオープンする。

幾つかの見所の中で今回新設されるクラゲトンネルは大人も楽しめる人気スポットになりそう。クラゲは自分で泳げないため複雑な形状を回遊させるのは従来難しかったらしい。

  • 日本初の展示「サンシャインアクアリング」
  • 日本初の展示「クラゲトンネル」
  • 従来の2倍となる巨大水槽「サンシャインラグーン」

また国内初の展示方法、「サンシャインアクアリング」では頭上のドーナツ型水槽をアシカやペンギンが泳ぎ回るという。

サンシャイン水族館の中継まとめ

サンシャイン水族館のアシカUstream中継


Live video by Ustream

サンシャイン水族館のペンギンUstream中継


Broadcasting live with Ustream

サンシャイン水族館のクマノミ水槽Ustream中継


Live Video streaming by Ustream

サンシャイン水族館の映像

内覧会が行われ、感想や動画がアップされだしている。

▼サンシャイン水族館のペンギンの散歩

▼サンシャイン水族館のクラゲ

サンシャイン水族館の見所

約1年ぶりのオープンを迎え新水族館のコンセプトは“天空のオアシス”となっている。

従来の水族館要素を維持しつつ大人でも満足できる施設を目指すという。

見所1:日本初の展示「サンシャインアクアリング」

新しい展示としてチェックしたいのは「サンシャインアクアリング」と「アシカたちの砂浜」。両展示とも屋外エリアの設置される。

「サンシャインアクアリング」は頭上に設置したドーナツ型水槽でアシカやペンギンが泳ぐ様子を真下から眺められる。

「アシカたちの砂浜」はのんびりと日向ぼっこをするアシカを見ることができる実際の「砂」で作ったアシカ専用ビーチ。「砂の粒が顔についたときの愛らしい表情に注目してもらいたい」という心から生まれた展示方法だ。

見所2:日本初の展示「クラゲトンネル」

クラゲでは初となるトンネル水槽がお目見えする。光を受け浮遊するクラゲが見られるということで大人も満足なデートスポットになるのではないだろうか。

#画像はイメージ。プレスリリースより

クラゲは自分で泳ぐ力がないのでトンネル等複雑な構造では飼いにくかったが、技術的な工夫により解決したそうだ。

見所3:従来の2倍となる巨大水槽「サンシャインラグーン」

「サンシャインラグーン」は従来の120tの倍となる約240tのサンシャイン水族館最大の水槽。

サンゴ礁の水深 15m 程度の明るく白い砂地とそこに点在するサンゴのある岩場をイメージしている。白い砂地の大型水槽は他の園館ではあまり見られない。

その他ラッコやクリオネもいるということで水族館ファンなら一度行ってみたい。

サンシャイン水族館の口コミをチェック!

30min.のサンシャイン水族館のページでtwitterやblogの口コミをまとめていく予定なのでチェックして欲しい → http://30min.jp/place/2099819

30min.の最新情報をお届けします

Twitterの@30minで記事を配信しています。

最新記事一覧